「後回しにされてるなぁ」と感じる彼氏の冷たい対応・6つ

写真拡大

彼が自分とのことよりも、ほかのことを優先してると感じたことはありますか? あまりにもぞんざいな扱いを受けると、彼にとって自分はどんな存在なのかと不安にもなるでしょう。そんなことを感じずにはいられなかった、男性の言動について女性達に聞いてみました。

■デートの予定をドタキャンされる

・「デートの約束をドタキャンしてくる人」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「デートの約束をドタキャンされて、一人で別の場所に遊びに行かれた」(31歳/その他/その他)

デートの約束をしていたのに、急にキャンセルされた場合、一体何があったのかと心配する気持ちにもなりますよね。しかし、そのドタキャンの理由が趣味のことや男友だちと会うことだったりすると、何だかなぁと思っていますよね。

■デートの予定を後から変更された

・「一度決まっていたデートの予定よりも後で入った予定を優先されてしまったとき」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「同じ日に予定が被ったとき、友だちとの約束をとる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ドタキャンまで行かなくも、先に決まっていた予定を変更して、友だちとの予定を優先されるといい気持ちはしないものです。よっぽどの理由があるなら……と思うこともあるかと思いますが、何度も繰り返されると許せなくなってしまいそうです。

■土日の予定が常に埋まっている

・「土日が予定でいっぱいの男を見たとき。デートする暇がないから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「毎週趣味のマラソンを走っている人。当然デートする時間よりも趣味に費やしている」(33歳/生保・損保/専門職)

週末は趣味のための予定で、びっちり埋まってしまっているという男性もいます。とにかく趣味に関することが優先されるので、ゆっくりと週末デートをすることもなかなか叶わないでしょう。

■予定がハッキリしない

・「あいてる日をなかなか教えてくれない」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「デートをするのに、あいてる? と聞いたら、まだわからないと言われたとき」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

デートの予定を取り付けたくても、なかなかあいている日を教えてくれない男性もいます。これは、友だちからの誘いがあった場合などに、ブッキングしたりするのを避けるためである可能性があります。

■向こうからしか連絡がこない

・「こっちからの連絡には答えず、向こうが気が向いたときだけ連絡が来ること。会っても仕事の話中心だったりする人がいた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「飲み会ばっかり行って、LINEの返信がないとき」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

デートの誘いにも答えず、自分の都合のいいときしか連絡をしてこないような男性もいるようです。また、友だちと会っている際は全く連絡が取れなくなるなどの対応をするような男性も少なくはないようです。

■自分のためには有給はとらない

・「理由がデートだと有休を取得してくれないが、他の遊びだととっている」(30歳/機械・精密機器/営業職)

ほかのことのためなら取りにくい休暇も取るのに、休みをとってまでデートはしないという男性もいるようです。このようなケースでは、コミュニケーション不足も考えられるため、一度じっくりと話し合うと解決することもあるかもしれません。

■まとめ

女性としては、何はなくとも自分を最優先で考えてほしいと思う気持ちがあるものです。しかし、男性には友だち付き合いや仕事、趣味などにも時間を使いたいという人もいるものです。構ってほしい気持ちもあるかと思いますが、お互いにしっかりと話し合ってバランスよく付き合うようにするのがベストではないでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数89件(22歳〜36歳の働く女性)