届く順番はお楽しみ

写真拡大

フェリシモの「日本職人プロジェクト」の新商品は、チョコレートバイヤー・みりさんデザインの、板チョコをイメージした革小物。世界を飛び回るみりさんの7つ道具とも呼べるアイテムを、職人が本革でひとつひとつ縫い上げています。

予約販売中で、申し込みの締め切りは2017年4月25日まで。

毎月ひとつずつ、板チョコをイメージした革小物

毎月1回、1個ずつ届けられるのは、アクセサリーケース、横長ケース、ファスナーポーチ、ラウンド形ケース、がま口ポーチ、カードファイル、ボックスケースの7つのアイテム。

旅先で外したアクセサリーは専用のケースに入れておけば、なくす心配もありません。

板チョコみたいなケースは、通帳やカードをまとめて収納するのに便利。海外へ行くときは、パスポートケースにもなります。

内ポケットがふたつ付いているファスナーポーチは、デジタルカメラとUSB、携帯電話とバッテリーなど、一緒に入れて別々に収納できます。

ペンやはさみなどのステーショナリーがたっぷり入るラウンド形。サングラスやめがねなどもサイズが合えば収納できます。

普段使いにもGOOD!

ミントカラーが目を引くがま口は、コスメポーチに使ってもいいですね。ふたつの内ポケット付きだから、小物を分類して収納できます。

診察券やポイントカード、名刺をたっぷり100枚収納できます。

フレッシュなライムカラーのレザーボックスは、お裁縫道具やアクセ、ステーショナリーの収納などにどうぞ。

さまざまなフレーバーのチョコレートをイメージした7 色の革は、旅を華やかに飾ってくれそう! もちろん、普段の生活でも活躍しそうです。職人技がつまった質の良さで、重宝すること間違いなしです。

「日本職人の本革仕立て チョコレートバイヤーのお仕事7つ道具の会」は月1個 5292円で7回予約。

詳しくは公式サイトで。