ハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」が三軒茶屋に - 奥深い味わいを茶菓子と共に飲み比べ

写真拡大

ハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」が2017年1月5日(木)、東京・三軒茶屋に1号店をオープン。

「東京茶寮」は、独自に開発された日本茶専用ドリッパーを使用した高品質なハンドドリップ日本茶が楽しめる、新しいスタイルの体験型日本茶専門店。店内のカウンターで、日本茶に精通したバリスタが、日本茶の甘味・旨味・渋味や香りを引き出したお茶を提供してくれる。

コーヒーと同じく、「産地」「品種」「蒸し・焙煎」によってフレーバーが大きく異なる日本茶。「東京茶寮」では、通常ほとんど流通しない単一農園・単一品種の希少な茶葉を全国各地から仕入れ、徹底した湯温の管理と蒸らし時間の調整により、それぞれの違いを明確に感じられる飲み比べメニューを提供する。

茶葉の違いだけでなく、ドリップするお湯の温度を1煎目(70℃)/2煎目(80℃)/3煎目(80℃〜)と変化させることで、アミノ酸・カフェイン・カテキンの抽出具合をコントロール。同じ茶葉でも、3煎美味しく味わえるメニューが特徴だ。

また、日本茶とのペアリングを念頭に置いた「ほうじ茶ブラマンジェ」「ドライフルーツ寄せ」「香るおはぎ」など、和洋折衷のお茶菓子もラインナップ。さらに、店内にはお茶のブレンドである「合組(ごうぐみ)」を行うことができる専用カウンターが用意されており、オリジナルの配合や焙煎などを通じてお茶を深く楽しむワークショップやイベントなども開催される予定だ。

【店舗情報】
「東京茶寮」
オープン日:2017年1月5日(木)
住所:東京都世田谷区上馬一丁目34番15号
営業時間:11:00〜20:00
※2月1日より、平日 13:00〜20:00 / 土日祝 11:00〜20:00
定休日:月曜日(祝日の場合翌日休み)

<メニュー>
煎茶2種飲み比べ+お茶菓子 1,300円(税込)
■主な茶葉ラインナップ
・001 HARUMOEGI はるもえぎ(鹿児島県産 はるもえぎシングルオリジン)
やぶきたの孫にあたる煎茶界のニュースタンダード。和栗のような甘みが感じられ、まろやかな甘いお茶が好きな人におすすめの品種。
・002 KOUSHUN 香駿(福岡県産 やぶきたシングルオリジン)
クセのないクリアなテイストで、爽やかな味わいが魅力。浅蒸しの透明感のある水色で、上品な香り・優しい甘みが楽しめる。
・004 YABUKITA YAME やぶきた やめ(福岡県産 やぶきたシングルオリジン)
強い旨味を持ち、輪郭の引き締まった味わいが魅力。安定感のある『やぶきた』の味と独特のかぶせ香を存分に楽しめる。
■お茶菓子
ほうじ茶ブラマンジェ/ドライフルーツ寄せ/香るおはぎ


[写真付きで読む]ハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」が三軒茶屋に - 奥深い味わいを茶菓子と共に飲み比べ

外部サイト

  • 恵方巻き約50種が東京駅に - 直径約18cm重さ約4.5圓離献礇鵐椒汽ぅ此いちご大福入りスイーツ
  • 「ゾクゾク深海生物」サンシャイン水族館にて - 採集したてのメンダコやダイオウグソクムシなどを展示
  • 「チョコバナナパンケーキ」大阪・ブラザーズカフェの人気メニューが限定復刻