器が小さい男性の「6つの共通点」

写真拡大

「あぁ、この人って本当に器が小さいんだな……」と、男性と接していて思わずため息をついてしまいそうになることはありませんか? 器が小さい男性は、なぜか共通するような特徴が見られるよう。では、一体どのような特徴があるのでしょうか? 女性たちに聞いてみました。

(1)とにかくケチ

・「お金のことになると、ケチになる人」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「お祝いごとでもお金のことを気にする。結婚した友達への贈り物に、できるだけ安く済ませたいと言った男性がいて、ちっちぇ〜と思ったから」(30歳/そのほか/販売職・サービス系)

器の小さな男性は、お金のこととなると途端にケチになってしまう傾向があるようです。ちょっとでも損をしたくないという気持ちがあるため、会計の際にはまわりが引いてしまうほど必死になることもあるのだとか……。

(2)些細なことでイライラ

・「すぐにイライラしたり感情的になる人」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「些細なことで、ずっとイライラしている」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ほかの人からすると「そんなことで?」と思うような理由で、イライラしたり怒り出したりするのも、器の小さい男性にありがちな特徴のよう。感情的に怒鳴ったりすることもあるようです。

(3)ミスを認めない

・「自分のミスを認めない。器が小さいと、自分の犯したミスを受け入れられないから人のせいにする」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「どんな小さいミスでも、自分で責任をとるでもなく、部下やまわりに責任転嫁しようと躍起になる」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

失敗をした際には、決して非を認めない傾向もあるようです。場合によっては、人のせいにしたり責任を押し付けてしまうこともあるのだとか。人から指摘されることも非常に嫌うようですね。

(4)言い訳が多い

・「何か失敗したときに言い訳ばかりする」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「『でも』『だって』など言い訳がましい言葉」(27歳/そのほか/専門職)

自分の非を認めないばかりか、失敗を指摘された際にも言い訳をして逃れようとする往生際の悪さも見られるよう。自分ができないということを認めたくない、そう思われたくないという心理があるのかもしれませんね。

(5)過ぎたことをネチネチ言う

・「些細なことでネチネチ言ってくる男性」(26歳/そのほか/事務系専門職)

・「後輩のちょっとしたミスを、いつまでもグチグチ言う人。すぎたことをいつまでも引きずっていて、器が小さいと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

器の小さな男性は、自分のミスに対しては甘いくせに、人の失敗にはとにかく厳しいという一面もあるよう。些細なことに対しても、ネチネチと責め続けるようなところがあるようです。

(6)不測の事態に対応ができない

・「予想外の事態に弱い。落ち着いて対処できるような余裕がないから」(31歳/そのほか/そのほか)

・「予定外のことが起こるとすぐに動揺することです。考えが浅いんだろうなと思います」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

器が小さい男性は、自分の思い描いている範囲を超えるできごとに対応できない傾向もあるようです。動揺するだけならまだしも、場合によってはパニックを起こしてしまう人もいるようですよ。

■まとめ

器が小さな男性というのは、考え方が非常に狭いことがよくわかりますね。どっしりとかまえていないため、セコセコとした印象にも見られがちなよう。責任を負うのを極端に嫌う傾向があるため、上のポストにもつきにくいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月5日〜2016年12月18日
調査人数:100人(22〜34歳の働く女性)