■田臥勇太インタビュー@前編

 2016年9月22日、18時55分――。記念すべきBリーグ開幕戦、アルバルク東京vs.琉球ゴールデンキングス。会場となった代々木第一体育館のコートを、観客席を、リンク栃木ブレックスの田臥勇太はテレビ解説席から見渡していた。

「ついに日本のバスケットも、こんな時代になったんだ」

 それは、大きな喜びに、ほんの少しの嫉妬を混ぜた感情だった。

「満員の客席と、会場の雰囲気......。バスケットボールで代々木第一があんな状態になったのを、僕は見たことがなかったので、ものすごくうれしかったです。バスケットボールを好きな人が、こんなに集まってくれたんだって。同時に、コートに立っていた2チームの選手が本当にうらやましかった」

 10月29日、田臥は秋田ノーザンハピネッツとの試合のため、高校卒業以来17年ぶりに能代(のしろ)の地を踏む。そして、そこが自身の原点であることを再確認した。

「おじいちゃんもおばあちゃんも会場に足を運んで、バスケットボールを楽しんでくれました。能代ならでは、ですよね。バスケを感じられる町って、全国でもなかなかない。さすが能代だなと思いました。改めて、ここで高校時代を過ごしたから、今があるんだなって。この町だから、バスケに集中できた。ほんと、なーんもないんです。それこそが能代のよさで、僕には合っていた。バスケに集中できる環境なんで」

 能代総合体育館をピンクに染めた「クレイジーピンク」と呼ばれるブースターは、当然、地元の秋田に声援を送る。ただ、田臥の好プレーにも会場は沸いた。

「本当、ありがたいです。今でも自分のプレーを楽しみにしてくれて、応援してくれる人たちがいる。歳を重ねれば重ねるほど、そのうれしさは増すというか。ありがたみがわかるようになりますよね、昔より。こんなこと言うと、なんか自分も歳を取ったなって思いますけど(笑)。でも、そういうのも、本当に自然というか受け入れて、歳を取っていくことが本当に楽しみだって感覚なんですよね」

 36歳となった田臥。能代工業時代から数えれば20年以上、日本バスケットボールの顔だ。それを可能にしているのは何なのか。スピード? いや、トップスピードだけなら、田臥より速い選手は何人もいる。そもそも173cmの身長は、Bリーグの平均身長にすら遠く及ばない。では、バスケセンスか? そんなあやふやな物差しに人生を委(ゆだ)ねるほど、田臥は楽観主義者ではない。

 20年という年月、トップで居続けられた理由はひとつ。田臥が決して、その歩みを止めなかったからだ。誤解してはいけない。バスケットが田臥勇太を選んだのではない。田臥勇太がバスケットボールを選んだのだ。

 12月3日、栃木がシーホース三河をホームに迎えた2連戦の初戦。栃木は71−74の3点差でゲームを落とす。試合終了直前、同点を狙ったブザービーターを田臥は外している。

「もちろん、決めたかったです。ただ、あのシュートだけに執着はしていないです。それ以前のゲームの運び方、なんでああいう試合展開になったのか、どうしたらよかったのか、考えるべき部分は他にも多いんで。日々、勉強です。毎試合、学ぶことばかりです」

 田臥が競技を始めたのは8歳。その「バスケIQ」の高さからすれば、バスケットボールという競技の何たるかが、わかっていてもおかしくないと思ったが......。

「いや、いやいや、もう、やればやるほど難しくなって。でも、それが楽しいんです。嫌な難しさじゃなくて、心地よい難しさというか。『あ、こういうこと、できるんだ』『こういうことも』って。

 しかも、それが自分の成長だけじゃなく、味方の成長によってもできることが増えていく。だから、引き出しが増えていく一方というか。特に接戦になった試合、どのタイミングで、どの引き出しを使うか。そういうことを考えながらプレーしていると、楽しいなって思いますね」

 翌日の三河戦、今度は栃木が74−68で勝ち切る。試合は最後までもつれるも、試合を決定づけたのは田臥の3連続アシストだった。

「1試合目の負けがあって。僕もそうだし、チームメイトもどうアジャストしなければいけないのか、みんなで準備ができた。どの試合も、全部の試合が勉強になって。毎試合、バスケットの質も、勝ち方も、負け方も違う。そして、変えちゃいけない部分、変えていかなきゃいけない部分がある。毎試合、勉強になっていますね」

「毎試合が勉強」。それは、田臥が開幕から3ヵ月が経ったBリーグに対する想いにも通じる部分がある。

「開幕戦は、ゴールじゃなくてスタート。NBAじゃないですけど、常にああいう状態(代々木第一での開幕戦)で試合をやれる日が来るのが、本当のゴールだと思うので。リーグが始まったから良し、じゃない。これからです。

 もちろん、改善点はいくつもあるでしょうし、これからだって出てくると思います。それでも、選手、スタッフ、関係者が、どういう部分をもっとよくしていけるのか、改善していけるのかを意識していくこと、そしてそれを続けていくことが大事だと思っています。『このリーグを大きくしていくために、何ができるのか』を、リーグに関わるすべての人が意識してやっていくことが大事だと思います。前を、上を向いてやっていくことが......」

 能代工業卒業後、田臥が今日まで過ごした日々は、漫然と過ごした18年ではない。昨日よりも今日、今日よりも明日、バスケットボールがうまくなっていたい......。そんな想いを重ね、能代発、NBA経由、栃木着、そうして辿り着いた今日だ。

 ただ、田臥が今も「日本人唯一のNBAプレーヤー」と紹介されるたびに、胸に小さな痛みを覚える。すでに12年も前の出来事。何よりゲームに出場できたのは、4試合・計17分。田臥にとって、栄光というよりも、無念のほうが強いのではないか。「NBA」という語感は、田臥にとってほろ苦さを伴う記憶ではないのかと思えてならない。

 言葉を選んで、田臥は言った。

「もちろん、『たられば』なら、いろんなことがもちろんあります。ああしていればよかった、こうしていればよかった、と。ただ、僕はその都度、その都度、全力の選択をしてきた。だから、後悔は一切なくて。それどころか、あの日々があったから、今があるんだと思っています」

『たられば』のひとつを挙げるなら、田臥はいまだに思い出すプレーがある。

 2004年11月3日、21時――。NBA2004−2005シーズン開幕戦、フェニックス・サンズvs.アトランタ・ホークス。フェニックスのダウンタウンにあるアメリカン・ウエスト・アリーナ。第4クォーター残り6分16秒の、あのプレーを......。

(後編につづく)


【profile】
田臥勇太(たぶせ・ゆうた)
1980年10月5日生まれ、神奈川県横浜市出身。リンク栃木ブレックス所属。バスケットボールの名門高校・秋田県立能代工業に入学し、3年連続でインターハイ・国体・ウィンターカップの3大タイトルを制して史上初の「9冠」を達成。2004年、フェニックス・サンズと契約し、日本人初のNBAプレーヤーとなる。2008年よりリンク栃木ブレックスでプレー。ポイントガード。173センチ・75キロ。

水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro