防弾少年団、ジャングルに発つメンバーのジンを応援「正直に言って一か八かだ」

写真拡大

防弾少年団がジャングルに向かうメンバージンを応援した。

防弾少年団のジンは、韓国で6日に放送スタートする「ジャングルの法則 in コタマナド」に出演する。防弾少年団のメンバーが「ジャングルの法則」に出演するのは初めてだ。防弾少年団のメンバーらは休暇を楽しむ予定だったが、一番年上のジンは休暇まで返上し、ジャングルに向かった。ジンの出国の前日に撮影された映像でジミンは「ジン兄さんがそこに行って休暇よりもっと大切な思い出を良い方々と一緒に作ってきてほしい」と応援した。

それから防弾少年団のメンバーらはジンがジャングルでうまく生活できるか予測してみる時間を設けた。「正直に話してもよいか」と語り始めたRAP MONSTERは「一か八かだ」と話した。ジミンは「うちのジン兄さんは食べ物にとても敏感だ」と心配しながらも「見慣れない環境に行けばよくやるんじゃないだろうか」と予想した。SUGAは「なぜならジン兄さんは他の兄さんたちにも気さくにしてくれるし、生存がかかっている問題だから(うまくやると思う)」と付け加えた。

また、メンバーらは自分たちがジャングルに行けばどうなるか想像してみた。ジョングクは「僕がジャングルに行くなら料理も上手で魚もよく釣ると思う」と自信を示した。SUGAは「僕がジャングルに行けば一番飢え死にする可能性の高いスター1位に選ばれるのではないか」と話した。VがRAP MONSTERも飢え死にする可能性が高いだろうと言うとRAP MONSTERは「僕はなんとなくうまくやれると思う」と反論した。

ジンは時々おやじギャグを披露し、笑いを誘った。ジンは「ジャングルの法則 in コタマナド」編のロケ地について話しながら「インドは何時だ?」という質問に「ネシ(4時)?!」と答える一方、ジャングルに行くために準備したと言いながらザリガニ模様の携帯電話ケースを見せ「パダガジェ(ザリガニ)が僕にパダガジェ(ダジャレ)」と叫んだ。制作陣によると、ジンは実際に「ジャングル」でも、つねに驚くべきおやじギャグを披露したという。

防弾少年団のジンが出演した「ジャングルの法則 in コタマナド」編は、韓国で6日(金) 午後10時に放送スタートする。