1989年にデビューしたマツダ(ユーノス)ロードスター。そのイメージカラーは赤でした。

現行のND型もイメージカラーは赤です。

1

けれど、その赤色はだいぶ違った赤になっています。

NA/NBに塗装されていた赤は「クラシックレッド」。ソリッド系のいわゆる真っ赤な赤でした。

新生マツダの魂動デザインにはそれを通したテーマカラーとして「ソウルレッド」が登場し、NDロードスターにも当然採用され、訴求色として定着しています。メタリック系で見る角度により表情が変わり、複雑なボディの面構成を表現するのには最適なカラーと言えるでしょう。

しかし、東京オートサロン2017にマツダが予定している出展車両リストには「ROADSTER(クラシックレッド塗装)」というものが載っています。カスタマイズの祭典であるオートサロンへの出展車両なのに、カラーだけ? 発売するの? とファンからも期待と不安(?)の声が聞こえていています。

以前、関係者に聞いたことがあるんです。「NDロードスターには黄色とか明るいブルーとか、どうしてないんですか?」と。

すると、「それを出してしまうとバラバラになってしまうんです。カラーを絞り込んで、イメージを作る。それが大変なことなんですけど、いまはやらなければならないんです」という答えでした。

あんな色も、こんな色も、あったら確かに見て楽しめるし、選ぶ楽しさも増えるでしょう。けれど、それで一瞬だけ販売台数が増えても(購入者が別の色を選ぶだけで増えない可能性も大ですが)、長い目で見るとブランドが煩雑になるだけ、ということでしょう。

そういう背景で登場するロードスターのクラシックレッド塗装。発売モデルとなるのでしょうか?「オートサロンに出してみて評判がよければ・・・」とよく耳にします。みなさんも会場でその姿を確かめてからマツダ関係者に「出して欲しい」「出すべきでない」と訴えてみてはいかがでしょう?

個人的にはNDにもクラシックレッドはとっても似合ってるし、買うんだったらこれしかない、という気もしますが、それでは時代に逆行するだけで、デザインとともに進むべきカラーとしては、選択肢としてあるべきではない気もします。とてもカッコイイから、なんですけどね。

ちなみに、NDのチーフデザイナーでもある中山チーフエンジニアはクラシックレッドのNAをお持ちだと聞いたことがあります。

単なる試作か、市販モデルになるのか、東京オートサロン2017の「現実的な」大きな注目の的となりそうです。

(clicccar編集長 小林 和久)

マツダNDロードスターに「ソウルレッド」じゃない NAの「クラシックレッド」はあり?【東京オートサロン2016】(http://clicccar.com/2017/01/05/432831/)