■男子柔道・井上康生監督インタビュー(前編)

 2016年8月のリオ五輪で大躍進を遂げたのは、男子柔道だ。全7階級でメダルを獲得(金2個、銀1、銅4個)し、監督の井上康生は全競技終了後、大粒の涙を流しながら、代表選手たちを「誇りに思います」と語った。

 井上が監督に就任した4年前は、ロンドン五輪で金メダルが「0」に終わって当時の篠原信一監督が辞任し、また女子柔道選手に対するパワハラ問題が明るみに出るなど、柔道界が混乱した時期だった。わずか4年で男子柔道を立て直した井上は柔道界の改革者だろう。

 しかし、競技人口の減少が叫ばれる柔道母国の改革はこれからも続き、自身も現役時代に戦った重量級(100キロ級、100キロ超級)の再建は「道半ば」と話した。2020年の東京五輪まで指揮を執ることが決まった井上は、すでに新たな一歩を踏み出している。

── 11月の講道館杯や12月のグランドスラム東京では、リオ五輪の代表だった選手が出場していないとはいえ、66キロ級の阿部一二三選手(日本体育大学1年)と100キロ級の飯田健太郎選手(国士舘高校3年)という若い世代の活躍が目立ちました。

「間違いなく、そのふたりは東京五輪の代表争いで中心になってくる選手です。阿部がグランドスラム東京で優勝し、飯田は講道館杯でウルフ・アロン(東海大学3年)に敗れたとはいえ2位、グランドスラム東京でも優勝した選手に敗れはしましたが3位に輝いた。期待値に対して、結果も伴ってきています。やはり、4年後に東京五輪を控えていることが、若い世代の意識を高めていますよね。五輪はただでさえ一生に一度、あるかないかの挑戦なのに、自国開催で、かつ柔道の発祥の地である日本で行なわれるわけですから」

── 阿部選手は担ぎ技、飯田選手は内股を得意とし、一本を狙い続ける攻撃柔道が持ち味です。

「しっかり一本を奪える技を持っているという点で、見る人を魅了する柔道ができる選手だと思います。彼らは考え方が柔軟だし、柔道もひとつの形に固執しない。なんというんですかね、柔道の面白さを畳の上で、考え、感じながら、表現している。新しい世代の柔道家だと思います」

──  飯田選手が面白いことを言っていたんです。海外の合宿に参加して、「根性だけじゃなく、効率的な練習、柔道の大切さに気づいた」と。これって、井上監督が2年間のイギリス留学で導き出した答えのひとつで、だからこそ監督に就任してからは、ひたすら代表選手に厳しいトレーニング・稽古を課すだけだった前体制下での合宿を見直し、テーマを設けて、量だけでなく質を伴う合宿を行なうようになった。

「根性論も時には必要だとは思いますが、同時に効率性を求めることも大事なんです」

── それを18歳の高校生が口にしたから、驚いたのです。日本の柔道界も変わりましたね。

「しっかり考えられる力がある。頼もしく感じます。まだまだ高校生で伸びしろがある。これからどういう選手に育っていくのか、楽しみですね」

── あらためてお聞きしますが、リオ五輪では全階級でメダルを獲得しました。その要因はどこにあると思いますか。

「一概にこれと言い切ることはできませんよね。いろいろなことが複合的に絡み合って、あの結果につながったと思います。ひとつ言えるのは、これだけの情報化社会ですから、科学的な力は利用しました。畳の上の稽古だけでなく、ライバル選手の能力や柔道の傾向をデータ化し、研究と対策を行なった」

── 4人のコーチが担当階級を持つ形にし、全日本合宿だけでなく、所属先の練習にコーチが顔を出したり、階級別の合宿を行なったりしました。それによってコーチ陣と選手のコミュニケーションが深まり、信頼関係を築くことができた。

「そうですね。ただ、やっぱり監督である私としては、もう少しやれたんじゃないか、という気持ちがあるのは事実です。2020年の東京五輪まで、監督を続けさせてもらうことが決まったので、今はリオの反省を生かして、もう東京に向けて動き始めています」

── リオの反省とは。

「技術的な課題、体力的な部分の強化、精神的な強さ......選手それぞれの反省、彼らを預かる我々の反省。たくさんあります。やっぱり、一概には言えません(笑)」

(後編につづく)

柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji