探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回、私達にカウンセリングの依頼をくださったのは、佐藤美和子さん(仮名・38歳)。彼女も本連載を読み、私達に依頼をしてくださいました。セミロングの黒髪に、清楚な紺のワンピース、ファッション雑誌から抜け出してきたような“ステキな奥様”という印象の美和子さんは声のトーンが安定していて、話し方のテンポがよく、聞きやすい。それもそのはず、元アナウンサーでした。

「私は東京出身なのですが、大学時代からアナウンサーになりたくて、専門学校にも通い必至で努力したのですがダメで……。結局、地方のテレビ局に採用されて、結婚する8年前まではテレビ局員だったんです。でも、地方は男尊女卑が激しいし、30歳の女子アナって“色モノ”扱いされてしまう。私はプライドが高いから(笑)、それがイヤで会社を辞めて、実家に帰ってきました。1年くらいイベント司会者などをしながら活動していた時に、夫と出会って31歳の時に結婚したんです」

旦那様は大手メーカーに勤務する10歳年上の男性で、美和子さんが結婚式の司会をした席で、旦那様は一目ぼれ。彼の熱烈なアタックと、安定的な会社の正社員であること、年収800万円、品川区内の持ち家(マンション)に住んでいるという条件で結婚を決めたそう。

「専業主婦になってもいいと言うから結婚したんです。とはいえどっぷりと主婦をしていたわけではなく、頼まれると司会者のバイトやちょっとしたモデルの仕事をしながら、結婚8年間幸せに過ごしていたんですよ。自分を磨くために、社会保険労務士の資格を取って、今は保育士免許にチャレンジしています。生活費は月に30万円もらっていたんですが、半年前に突然くれなくなってしまったんです」

メーカー勤務の旦那様が、生活費として月30万円を奥様に渡すというのは、私が知る中でもかなりいい条件。このお金があるから、美和子さんも資格の勉強もできたとか。

浮気を直感したのは、深夜にお酒を飲んで帰って来ることと、LINEの“既読なし”

「給料はそんなに高くないのですが、夫は亡くなった母親が残してくれた不動産があり、この家賃収入を私の生活費としてくれていたんです。私は生活費さえもらえればいいので、物件はどこにあるのか知りません。で、生活費をくれなくなった月から夫にお金のことを問い詰めたのですが、いつも「来月は渡すから」と逃げられてしまいます。それと同時に、深夜にお酒の匂いをさせて帰って来ることが増えました。さらに、LINEも既読スルーどころか、既読にすらならないことが増えました」

美和子さんは、今までの生活費で貯めたお金で生活しているそうです。旦那様の顔を見るとお金のことばかり言うので、旦那様は意図的に美和子さんを避けるようになったとか。

「多分、浮気しているんですよ。夫は好きになると、相手にドーンとのめり込むタイプ。彼が離婚を本気で考える前に、浮気の証拠を突き付けて、冷静にさせたいです。そして、この結婚生活を維持したい。ふたりでいる証拠を押さえたら、夫のことだからカーッと燃え上がって相手のほうにいってしまうんですよ。離婚なんかしたら、私が悪者になるのは目に見えているので」

品よく愛らしい美和子さんから、“悪者”などという単語が出てきたのが気になり、聞いてみました。

「夫の実家が私のことをバカにしているんです。名門の家柄を気取っていて、私のことを格下だと思っている。夫の父親……つまりは私の義父は3人兄弟で皆、いい大学を出ているんです。一方で私の両親に学歴はありません。そのことで私をちょっとバカにして、“チャラついた派手女”など悪口を言っている。だから私も社会保険労務士の資格を取ったのに、全然認めてくれないんですよね」

浮気相手を突き止めるには、通常の浮気調査とは異なり、日数が必要になることを説明しました。そこで美和子さんが取り出したのは、宅配便の送り状。相手は女性名で、川崎市内の住所が書いてあります。

「これは、マンションのチラシのゴミ入れに入っていたのですが、管理人さんが気を利かせて取っておいてくれたんです。品名に“ワレモノ・衣類”とあるから、なにかプレゼントを送ったと思われます。もう、モヤモヤしているのが嫌なんですよね。パッとスッキリさせたいんです。どうぞよろしくお願いします」

夫婦関係を好転させたり、スッキリさせるために、探偵調査を使う人は多数。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

清楚な恋人のどす黒い正体が、調査が進むにつれてに明らかに……その2へ続きます。