びっくり仰天!

写真拡大

ドイツの映画館で発見された「トイレの男女マーク」がツイッターで注目を集めています。

出会ったら思わず2度見してしまうユニークなマークです。

お国柄かもですがユーモアありますね

「ドイツの映画館で見かけた、トイレの男女のマーク。 確かに分かりやすいけど、正直『だ、大丈夫か?』とも思った...ww」

というつぶやきとともに投稿されたのは、2つのトイレマークの写真。それぞれ男性用と女性用を表しているようですが、日本の一般的なトイレマークのように色の区別はありません。直線と丸を組み合わせたシンプルなデザインで、どちらがどっちの性を表しているのかちょっと迷ってしまいます。

しかし、マークをよく見てみると片方のマークには胸のあたりから短い2本の線が伸びていて、女性の胸のように見えます。そして、もう一方のマークに注目してみると、下半身から短い線が1本――。

なるほど。これで男女どちらを表しているか分かります。確かにわかりますが、記者(20代女性)には少し刺激が強い......///。

このユニークなトイレマークの写真は注目を集め、ツイートは1万700回以上リツイート(2017年1月5日14時50分現在)されています。

さすがフランス人! フランス仰天トイレマーク

この投稿に注目した他のツイッターユーザーの1人は、

「ドイツのトイレのマークが話題のようですが、パリの美術館(パレ・ド・トーキョー)でぶったまげて尿意も忘れカメラを構えたのがこちらになります。ご確認ください」

とフランスで見つけたマークも投稿しています。

お、おう......。これもかなりきわどいマークです。ちょっとオ・ト・ナにならないとわからないかも。

この投稿には、

「女子はなぜか一瞬考えました。上点の意味が深い」
「えええ......コレあり???」
「さすが、フランス人としか言いようがない」

などの声が寄せられ、5000回以上リツイートされています。

どちらも日本ではあまり見られないユニークなマークですね。海外旅行にいったときは、トイレマークに注目してみると新しい発見があるかもしれません。