だっさ! 妻が「絶対やめてほしい」と思う、夫の服装・6つ

写真拡大

流行ばかりを追うのがオシャレではないけれど、あまりにもダサすぎるファッションは一緒にいると恥ずかしいもの。ましてや夫の洋服に関しては、周囲の人から「妻のチョイス」と思われそうなので、ある程度のオシャレはしてほしいですよね。今回は「夫にやめてほしいファッション」について、女性たちの考えを聞いてみました。

■同じ洋服ばかり着ること

・「同じパーカーとジーンズしか選ばない」(29歳/その他/その他)

・「1週間同じジーンズをはき続けること。せめて2、3日に1回はジーンズを履き替えてほしい。夫の会社の人にも、ずっと同じジーンズをはいていると思われるのが妻としてイヤ」(31歳/その他/その他)

好きな洋服や着ていてラクな洋服を選ぶ気持ちはわかるけれど、ずっと同じ洋服ばかり着ているとそれしか持っていないのかと思われそう。本人は気にならなくても、妻としてはイヤですよね。

■似合わない服を着ること

・「似合っていない服装だったり、身の丈にあっていない服装はやめてほしいです」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「似合ってない服。ブランドだけこだわって、似合わないのは痛い」(30歳/学校・教育関連/専門職)

オシャレの基本は自分に似合う洋服を着ること。好きなブランドとはいえ、似合わないものを着ていると、それだけでダサく見えてしまうもの。こっちのほうが似合うと、うまくすすめて改善したいところですね。

■年齢に合わない服を着ること

・「B系のファッションや、チャラい格好。刺しゅうなどが入っているファッションはやめてほしい」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「年齢の割にパンキッシュな格好をすることが、年に数回あること」(34歳/その他/その他)

年齢に応じて似合うファッションは自然に変わってくるものですが、好きなテイストがあるとそれだけにこだわって、年齢に合わなくなっても着続けてしまうことがありますよね。夫なりのオシャレだとしても、一緒にいて恥ずかしくなることも。

■サイズ感が合わない服を着ること

・「体にぴったりつくようなラインが見える服。明らかにサイズが合ってないし」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ムチムチなのに、ぴったりしたパンツをはくこと」(32歳/その他/その他)

サイズ感の合った洋服を着ると、それだけでオシャレに見え、スタイルもよく見えそうですが、逆だと一気にダサいファッションに。ぴたっとした服装をしたいなら、もう少し痩せてからにして、と思っている女性も多いかもしれませんね。

■足元だけチグハグ

・「冬でもはだしでクロックス。連休のときに同じ服を連続で着るのはドン引き」(32歳/その他/その他)

・「せっかくオシャレな洋服を着ているのに、足元がサンダルだったりすること」(34歳/その他/その他)

オシャレは足元からとも言われますが、確かにどれだけいい洋服を着ていても、靴が合ってないだけでコーディネートも台なしになりそう。せっかくの洋服がもったいないとアドバイスしてあげたほうがいいかもしれませんね。

■ヨレヨレの洋服を着ること

・「近場のコンビニに行くだけだと、穴の空いたTシャツのままで買い物に行こうとしたときは『えっ?』って思いました」(30歳/その他/その他)

・「首まわりやゴムが緩んだ洋服を着るのはやめてもらいたいです」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

着古した洋服は体になじんでいるせいか、意外と着心地がいいもの。ただ、見た目がくたびれていたり、穴が空いていたりというのは、貧乏くさく見える原因にも。妻の立場として、着てほしくないほどヨレヨレのものは、こっそり処分したほうがよさそうですね。

■まとめ

夫のダサい洋服のせいで自分まで恥ずかしい思いをしてしまう……。好きな洋服を着るのはいいけれど、夫にはそういうところも理解してもらいたいものですよね。夫が魅力的に見える服装をしてもらえるよう、妻が上手にコーディネートしてあげたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日〜12月12日
調査人数:100人(23歳〜34歳の既婚女性)