<陰毛を頻繁に処理する人>は性感染症のリスクが高い?(shutterstock.com)

写真拡大

 日本でも市民権を得つつある、ブラジリアンワックスなどを用いた<体毛処理>。元AKB48の高橋みなみさんがラジオ番組のなかで、ブラジリアンワックスを使ったアンダーヘアの処理について語り、話題を呼んだこともある。

 アンダーヘアの処理は、アメリカ人女性の実に6割超が「陰毛全体」を除毛している――。そんな統計結果もあるほどポピュラーだ。
*関連記事「アンダーヘア事情に変化!〜米国女性の6割超が「陰毛」を"全処理"するセクシャルな理由とは?」

 ところが、<陰毛を頻繁に処理する人>は、ヘルペスやヒトパピローマウイルス(HPV)、梅毒などの性感染症のリスクが3〜4倍であることが、新たな研究で示された。

 「処理の頻度が高い人や、陰毛を残らず除去している人ほどリスクが高かった」と、研究を率いた米テキサス大学泌尿器科外科助教授のCharles Osterberg氏は述べている。

 この研究は『Sexually Transmitted Infections」(2016年12月5日オンライン版)に掲載されたが、陰毛処理と性感染症の因果関係は明らかにされていない。

<頻繁に処理をする人>ほど性行為の回数が多い

 Osterberg氏によれば、「清潔さや美容の面で体毛に対する認識が変わってきたことにより、陰毛の手入れや除去は男女ともに世界的に広まりつつある」という。

 今回の研究では、18〜65歳の米国人7580人を対象に、陰毛処理の習慣、性行動、性感染症の既往について調査。すると、約4人に3人(74%)が陰毛を処理したことがあると回答。女性は男性よりも処理の経験がある人が多かった(女性84%、男性66%)。

 陰毛を処理している人のうち、17%が「極度」に分類され、年に12回以上、陰毛を残らず除去。22%は「高頻度」に分類され、1〜7日に1回、陰毛の手入れをしていた。10人に1人は両方の区分に入っていた。

 その結果、極度の処理をしている人は性感染症になるリスクが4倍であり、高頻度の処理をしている人は3.5倍であることがわかった。

 米インディアナ大学医学部教授のDennis Fortenberry氏は、「処理によって皮膚に小さな傷ができるために、病原体が入りやすくなる」との考えを示している。一方、Osterberg氏は、<頻繁に陰毛処理をする人>ほど性行為の回数が多いため、性感染症リスクも高いのではないかと指摘している。
年齢や性交渉を調整しても陰毛処理でリスクが80%高く

 研究では、全体として陰毛処理をしている人は年齢が若く、性行動が活発であり、性交渉の相手の数が多い傾向がみられた。しかし、年齢や性交渉をした人数について調整してもなお、1度でも陰毛を処理したことがあると回答した人は性感染症リスクが80%高かった。

 また、定期的に陰毛処理をする利点として、毛ジラミのリスクが低減することもわかった。毛ジラミは陰毛の中で繁殖するため、処理をしない人はリスクが倍増すると、研究著者らは報告している。

憂うべき日本の性感染症事情

 と、ここまでは海の向こうの話題だが、性感染症に関して日本は憂うべき事態だ。

 国立感染症研究所は2016年12月6日、11月27日までに報告された梅毒の患者数が4077人になったと発表。同研究所の報告では、2010年以降、梅毒の報告数は増加傾向に転じている。

 厚生労働省も2016年、「梅毒の感染者数の増加傾向」に注意喚起を促している。2014年の感染者数が過去10年で最高、10年前の3倍水準という由々しき事態が調査で判明したからだ。
*関連記事「知ってますか? 日本で「梅毒患者」が急増! 女性の感染が5年で5倍、全体の3割に」

 また、先進国のなかでは、ほぼ唯一といえるほど「HIV(エイズウイルス)」感染者の増加が続いている。厚生労働省は昨年、12月1日の「世界エイズデー」で人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」を用いた性感染症の啓発を発表し、HIV無料検査を実施するなど、普及啓発イベントに取り組んでいるのだが......。

 興味深いレポートとなった、今回のアンダーヘアの処理をめぐる性感染症のリスク報告。もちろん、陰毛処理の有無よりも、正しい予防知識と安全なセックスが性感染症を防ぐ大前提である。
(文=編集部)