急性アルコール中毒の患者で頭部外傷がある場合には検査が必要(shutterstock.com)

写真拡大

 飲酒後転倒し、頭部を打撲して救急搬入された。患者は医師や看護師の言うことを無視して帰宅。その後に何も起こらなければ良いのだが......。

 夜中0時ごろ、56歳の男性が急性アルコール中毒、頭部打撲ということで救急搬入された。どうやら男性は、飲酒後、ひとりで自転車に乗っていて電柱にぶつかり転倒したらしい。そこを通りかかった人に発見され救急車が呼ばれたとのことである。

 患者からはすごいアルコール臭が漂っている。そして、前額部には挫創が、左目の横に1cmぐらいの小さな裂創が見られた。

夜中になると「急性アルコール中毒+外傷」という患者が急増

 ERの医師も看護師もこの患者を見てため息をついた。ERでは急性アルコール中毒の患者は少なくない。夜中になると「急性アルコール中毒+外傷」というパターンが多くなり、診療する側にとっては大変なことがたくさんある。

 ERナースが、血圧、心拍数、酸素飽和度、呼吸数、体温などのバイタルサインを取っている。ERナースもERドクターも、状況や現在の状態を調べるため患者に質問を始めた。すると、当初はおとなしかった患者が急に多弁になり、診療拒否の態度に変わってきた。ちなみに、救急隊が現場到着したときはかなり酔っていたようだが、しゃべることができ、救急車内では静かに横になっていたとのことであるである。

「ここはどこだ?」
「ここは病院ですよ。今日はどうしました? 頭を打ったことを覚えていますか?」
「何? 病院? 何で俺が病院に居るんだよ。俺は元気だぞ、俺は帰るぞ」

 患者とERナースの会話が続いている。全く会話がかみ合っていない。痺れを切らした女性のERドクターが患者に質問を始めた。

「あなたはお酒をかなり飲んでいるようですね」
「そうだよ、酒を飲んで悪いのか」
「そういうことではなく、お酒を飲んだ後、自転車に乗って転倒して頭を打ったようなのですよ」
「何? 自転車で転倒して頭を打った? そんなことはないぞ。俺はどこも痛くないぞ」
「そんなことないではなく、そうなんですよ」
「お姉ちゃん、嘘を言ってはいけないよ、だまされないからな。ここは何と言う店だ?」
「私は飲み屋のお姉ちゃんじゃないのですよ。何を言ってるのですか」

 患者はストレッチャーから起き上がろうとし始めた。「お姉ちゃん」呼ばわりされたERドクターは少しむきになって患者をストレッチャーに寝かせようとしている。ERナースは、患者もERドクターも、両方を落ち着かせなければならなくなった。患者の抵抗はだんだん激しくなってきた。ERナースが診察の必要性を説明しているが、酔っている患者には馬の耳に念仏である。そして誰の言うことも聞こうとせず、「帰る、帰る」の一点張りとなった。
診察を拒否する患者に「本日はとりあえず連れて帰ります」と妻が......

 そこへ、患者の奥さんが警察からの連絡を受けて駆けつけてきた。ERドクターが来院してからの患者の状況を奥さんに説明した。奥さんは「酒に酔うといつもこうなのです」と頭を下げながら恐縮している。そして奥さんが患者(夫)に説得を始めた。

「お父さん、頭を打ってるんだから検査を受けてよ。先生も検査をせんといかんと言ってるでしょ」
「俺は頭なんか打っていない。俺は大丈夫、あの姉ちゃんの言うことなんか聞く必要なし」

 患者は全く聞く耳を持たない。ふたりの会話は全くの平行線である。患者は帰るつもりでERを出て行こうとしている。ERドクターもERナースも引き止めて検査を受けさせようとしたが、すればするほど患者の抵抗はひどくなった。どうしようもなくなった奥さんが、ERドクターに話しかけた。

「先生、すいません。こうなったらあの人は言うことを聞かないんですよ。皆さんにご迷惑をおかけしますので、本日はとりあえず連れて帰ります」
「そうですか、しかし、困りましたね。頭を打っているのに何の検査もしてないんですよ。もし、何かあったら大変ですしねぇ」
「いいですよ。何かあったら連れてきますから」
「わかりました。それでは頭部打撲の注意事項を書いた紙を渡しますので、何かあったら至急に連れてきてください」

 ERドクターもどうしたらいいのかわからないまま、成り行きでこのようになってしまった。はたしてこの対応で良かったのか?

急性アルコール中毒のみと診断して帰宅させ、翌日に外傷性頭蓋内出血

 急性アルコール中毒の患者が、歩行中や自転車で走行中に転倒して頭部を打撲することは珍しくない。急性アルコール中毒患者の最も懸念される問題点は、それに付随する、頭部打撲、頭蓋骨骨折や外傷性頭蓋内出血(脳挫傷、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫など)である。発見が遅れて外傷性頭蓋内出血で死亡する患者もいる。

 ERでは、急性アルコール中毒の患者で頭部外傷がある、またはそれが疑われる場合には、必ず頭の検査(頭部単純レントゲン、頭部CT)を行わなければならない。単に急性アルコール中毒のみと診断して帰宅させ、翌日に意識レベルが低下して救急搬送され、外傷性頭蓋内出血であったということは珍しくないからだ。

 しかし今回は、頭の検査を行わなければならなかったにもかかわらず、このような状況で頭の検査を行わずに帰宅させることになってしまった。今後、何もなければ良いが、何かがあれば大変である......。
頭蓋骨骨折と急性硬膜外血腫が認めら緊急手術

 翌日の早朝、この患者の反応がおかしいということで、救急車で再度搬入された。奥さんに話を聞くと、帰宅後はすぐに就寝したが、朝になっても起きてこないので起こしにいくと反応がおかしいため救急車を呼んだとのことである。救急搬入時、患者の意識レベルは昏睡で、至急で頭部単純レントゲンと頭部CTを撮ると、頭蓋骨骨折と急性硬膜外血腫が認められた。患者はそのまま緊急手術となった。

 奥さんはERドクターに夜中と同様に「すいません」と言いながら何度も頭を下げていたが、ERドクターもこの経過に対して責任を痛感していた。

 後の祭りではあるが、急性アルコール中毒による頭部打撲は、鎮静してでも(眠らせてでも)頭の検査(頭部単純レントゲン、頭部CT)を行わなければならなかったのである。理屈では分かっていながら現実的にできなかったことが悔やまれる一瞬である。


河野寛幸(こうの・ひろゆき)
福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多トレーニングセンター(福岡博多TC)理事長。
愛媛県生まれ、1986年、愛媛大学医学部医学科卒。日本救急医学会専門医、日本脳神経外科学会専門医、臨床研修指導医。医学部卒業後、最初の約10年間は脳神経外科医、その後の約20年間は救急医(ER型救急医)として勤務し、「ER型救急システム」を構築する。1990年代後半からはBLS・ACLS(心肺停止・呼吸停止・不整脈・急性冠症候群・脳卒中の初期診療)の救急医学教育にも従事。2011年に一般社団法人・福岡博多トレーニングセンターを設立し理事長として現在に至る。主な著書に、『ニッポンER』(海拓舎)、『心肺停止と不整脈』(日経BP)、『ERで役立つ救急症候学』(CBR)などがある。

連載「救急医療24時。こんな患者さんがやってきた!バックナンバー