いきものがかり「放牧宣言」 再集結約束し一旦活動休止へ

写真拡大

 2016年3月でデビュー10周年を迎え、さらに年末の紅白をデビュー曲「原点回帰」で飾ったばかりの人気ユニット・いきものがかりが2017年1月5日、公式サイトで「放牧宣言」を発表した。

【関連:「復活して欲しいバンドランキング」1位は?】

「放牧宣言」

 発表ではメンバー全員の署名で「10年間、3人で一生懸命に頑張ってきたので、ここらで一度、メンバーそれぞれ、自由になってみようと思います。」と、実質の「活動休止」を知らせた。

 今後につては、好きなこと・新しいことなど、それぞれやりたい時間・個人活動にあてることを示唆し「それぞれの未来を、もっと広げるために。3人の物語を、もっと長く、もっと楽しく、続けるため」の放牧宣言と説明。

 そして最後には「いきものがかりは3人が帰って来る場所です。またみなさん笑顔で、会いましょう!それでは行ってきます。放牧!」と、再集結を約束している。

 どうやら今回の「放牧宣言」とは、後ろ向きな活動休止ではなく、それぞれがさらにパワーアップするための前向きな「充電期間」「個人活動期間」という意味だと思われる。休止期間は定かではないが、より成長した「いきものがかり」が見られること、期待したい。

▼出典
いきものがかりオフィシャルサイト(ikimonogakari.com/

(HideI)