酒を飲めるほど遅い…ハリルホジッチ監督、日本に「戦い」を求める

写真拡大

1月1日、日本代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチ氏は『FIFA.com』のインタビューに応えた。

今年は2018年ワールドカップの予選がクライマックスを迎える日本代表。UAE戦での敗北が響き、まだ全く安心できない状況にある。

その戦いに向けて、監督を務めるハリルホジッチ氏は以下のように話し、いいFWとGKを育てること、そして戦いの精神を高めることが必要だと語った。

ヴァヒド・ハリルホジッチ

「今、我々は様々なポジションからゴールを奪っている。ミッドフィールドから、そしてフォワードから。

それは良いことだ。しかし、私が求めるものはピュアである。それは、純然たるゴールスコアラー。試合の中において1〜2回のチャンスを活かせるかもしれない選手だ。

私はそのようなタイプの選手を見つけなければならない。あるいは、誰かしら育てなければいけない。

いいチームには必ずそのような選手がいる。流れに乗れているときでも、波に逆らっているときでも、ゴールを決める方法を見つけ出す選手が。

良いストライカーと良いゴールキーパーを育てることは可能だ。そして、決定的なものだ。

世界最高と呼ばれる国はそれらの重要なポジションに良い選手たちを備えている。もしそうでなければ、結果を期待することはできない。

クラブレベルでもそうだ。バイエルン、バルセロナ、レアル、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド。彼らは皆それを持っている。そして、我々も行動を起こさなければならない。

我々は試合で平均22本のシュートを打っている。それは多い。Jリーグチャンピオンシップでも、浦和と鹿島がどれだけ撃ったか。

多くのチャンスは作っている。しかし、問題はそれが42%しか枠を捉えていないことだ。それを50%にまで引き上げる必要がある」
ヴァヒド・ハリルホジッチ

(本田圭佑について)

「本田はレギュラーとしてもっとプレーする必要がある。代表チームは本田を必要としている。彼は我々にとって最高のゴールスコアラーであり、そして最高のパサーだからだ。

しかし、もし彼が十分なプレーをしていなければ、私が送るべきメッセージは明白だ。

私は本田に説明した。もし代表チームでプレーし続けたければ、もっと出場機会を得ろと。チームは全員に属するもので、誰かのプライベートチームではないと。

本田圭佑がクラブでスタメンになっていて欲しい。しかしそれができなければ、どこかに行くことを考えるべきだ」

(スタイルについて)

「ヨーロッパと日本の間には、ファイティングスピリットの点で違いがある。そのチャレンジの数が全く違っている。

レアル・マドリーやバルセロナはボールを持っていても時間をかけられない。しかし日本では?多くの時間がある。シャンパンや酒を飲めるほど。食事もできる。ボールを持っている時に多くの時間がある。

本当のバトルはそこから始まるのだ。しかし、準備をする時間がある限り、我々はホームであろうがアウェイであろうがいいプレーができる」