ネット配信ほか多岐にわたる事業を手がける

写真拡大 (全2枚)

 何をやっているか分からない。いや、分からないからこそ強いのだ。動画配信やFX、ロボット事業まで展開する「DMM.com」亀山敬司会長(55)に話を聞くと、そんな気になってくる。年商2000億円ながら一切素性を公開しない経営者。ノンフィクションライターの山川徹氏が、その異端マネジメントの真髄に迫る。

 * * *
 勢いを象徴する風景である。東京・恵比寿ガーデンプレイスタワーのDMM.com受付フロア。様々な人種の人たちがひっきりなしに出入りしていた。サラリーマン風の人に、パーカーにリュックといった学生らしい若者たち。アーティストっぽい出で立ちの女性も公務員のようなスーツ姿のグループもいる。なかには杖をついた高齢者もいた。

 人種と書いたのは比喩じゃない。ソファで順番を待つのは白人の男女で、オフィスから出てきたのはダウンジャケットを着た黒人青年だった。

 ガラス張りの会議室で会長の亀山敬司は、拍子抜けするほど肩の力が抜けた口ぶりで、飾らずに語った。

「昔は人前で語るのがイヤだったんです。語るぐらいならやってみろと思っていたから。でも、いろんな事業で目立ちはじめると『DMMはやくざだ』とか根拠がないことを書かれるし、若い連中が悔しいから説明してくださいよと言うし。それで、しゃべるだけなら、とメディアなどに出はじめたのが2、3年前かな」

 亀山は謎の経営者と呼ばれる。いまもメディアに顔をさらしていない。有名タレントを起用したCMなどでDMM.comの知名度はうなぎ登りだが、創業者である亀山については一般的にはまだあまり知られていない。

 謎が憶測を呼ぶのか。検索エンジンに〈亀山敬司〉と入力すると〈年収〉〈顔〉などという関連キーワードとともに〈やくざ〉〈山口組〉〈北朝鮮〉という不穏な単語が根拠なく並ぶ。DMM.comの躍進と亀山の歩みを合わせて知れば、そんな邪推をしたくなる気持ちも分かる気がする。

 亀山は1961年、石川県加賀市で生まれた。19歳ではじめた露天商を皮切りに、石川県でのレンタルビデオ店の経営、アダルトビデオ販売を経て、インターネットでの動画配信などをはじめる。その後、手がけたFX事業では口座数業界1位にまで上り詰める。さらにオンラインゲーム開発、英会話、3Dプリンターを使った物作りや太陽光発電事業、水族館事業などを幅広く手がける。そしていまグループ全体の売上高は2000億円に達する。

 なんでも取り入れてしまう器の大きさに、無節操さを感じてしまう人も多いのではないか。しかしだからといってビジネスが成功するわけでは、もちろんない。亀山は言う。

「子どものころから家の商売を手伝っていたせいか、お金が欲しいというよりも、稼ぐことに面白さを感じていた。だから露天だろうが、アダルトだろうが、太陽光だろうがなんでもいいと思っているところはあるかもしれない」

──実家はどんな商売を?

「呉服屋やカメラ屋、うどん屋、海の家、そしてキャバレー。いろいろやってましたね。一滴も酒が飲めないオヤジがキャバレーやっていたわけだから、ビジネスに対してこだわりがなかったんだろうね。商売をやりたいと思ったのはオヤジの影響が大きいかな」

 農家出身の亀山の母は、呉服屋に嫁にきたはずが、いつの間にかキャバレーのママにおさまっていた。

「オレは『母ちゃん』って呼んでいたけど、周りは『ママ』でしたね。子どものころは住み込みで働く訳ありの女の子たちにかわいがられていました」

 高校を卒業した亀山は、税理士を志して上京。大原簿記専門学校に入学するが、教師に「これから税理士は儲からないよ」と言われて中退する。居酒屋やホストクラブでアルバイトをしていた時期に六本木で露天商の女性と出会った。御徒町で鎖や皮を仕入れてアクセサリーを作り、原宿や代々木で売りはじめた。初日の売り上げは1000円だった。

「専門学校を辞めたのは勢いで、露天商をはじめたのは成りゆきだった」と振り返る。露店を出して警察に怒られたり、やくざに「誰に断ってやってんだ」と凄まれたりもしたが、そのたびに新たな場所で店を出した。稼げると分かると仙台の七夕祭りや青森のねぶた祭りなどにも遠征した。

「寅さんみたいなもんです。当時は怖いものなしで、人通りが多い道があったら取りあえず露店を出しちゃえ、と。ゲリラのような感じでしたね」

──ゲリラですか(笑)。

「当時もテキ屋はあったんだけど、アクセサリー屋だけはそこに入らなくてもやらしてくれたんです。一番端っこにチョークとか引かれてスペースをもうけてね。資本と組織があれば王道の商売ができるけど、小さいのが生き残るためにはアイディアやオリジナル性が必要。真田丸じゃないけど、戦術で勝っていかないといけない」

◆“エロ”は叩かれる

 1980年代半ば、姉の妊娠を機に家業を手伝うため帰郷した亀山は、レンタルビデオ店を立ち上げる。店舗は順調に増えた。しかし『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を見た亀山は映画を電波で送れる時代の到来を予感して「ビデオ屋はダメになる」と、AV業界に参入する。神出鬼没のゲリラらしいエピソードだ。

──すごい先見の明ですね。

「でも、みんなが見ているものしか見てないですよ。映画とマンガ、あとは『NHKスペシャル』。これからは太陽光だとか、アフリカが熱いとか。偉い人たちが未来を教えてくれるんです。やらなきゃと思うでしょう」

──それにしても、なぜアダルトに参入したんですか?

「これからはコンテンツだと考えていたから映画を作りたかった。でも、映画は金がかかりすぎる。じゃあ、アダルトか、と。エロに思い入れがあるわけじゃなかったけど、売るための仕組み作りが面白かった」

  仕組み作りとは、卸売業を通さない直販ルートの開拓や、レンタルされたジャンル、女優などのデータから2年後にどのタイトルでどれくらい稼げるかを予測するシステム開発である。これがAV界に革新をもたらした。

 アダルトで貯えた資産を元手に、1998年に動画配信をスタート。そして2009年にはFX事業に乗り出す。以後の多様な事業展開は前述の通り。しかし最近、アダルト制作会社の株はすべて手放してしまったと語る。

「名前が知られるようになるとそこが叩かれる。エロで稼いでいると面白く思わない人もいますから」

 数年前、転職活動をしていた私の弟がDMM.comグループの採用試験を受けた。他社に内定をもらったこともあり、辞退したのだが、周囲からの反対も少なからずあったと言う。エロを売りにする企業なんていつまで続くのか分からない、と。

 そのことを亀山に会って思い出した。エロで食うのは倫理的に許せないというのなら話は分かる。けれど、いつまで続くかという観点だけで見れば、形態を絶えず変え続けるDMM.comほど生き残り戦略に長けたベンチャー企業はないのではないか。さらに亀山の話を聞くうち、弟は惜しいチャンスを逃したなという思いが強くなった。

──エロに厳しいのは世間ですか?

「オレは世間からいろいろ言われるのを覚悟の上でアダルトを選んだわけです。当時は世間の偏見以上に稼がなきゃという気持ちでした。商売は続けていきたかったし、社員も食わせなければ、と思っていましたから」

◆「アフリカに移り住めばいい」

 2011年からはアイディアと行動力を持つ人間を業務委託的に雇って、資金と実働チームを託して働いてもらう「亀チョク」という仕組みを作った。「亀チョク」から実現したのが、オンライン英会話事業などだ。

「実現した事業の3倍は失敗している」と亀山は語るが、チャンスがありそうな事業に資金を惜しみなく投じる姿勢の証左である。自社が得意とする事業分野に集中的に投資する「選択と集中」とは、真逆の経営戦略といえる。組織が大きくなっても“人通りが多い道があったら取りあえず露店を出す”ゲリラ的な商売は変わらない。

「商売を続け、家族や社員を路頭に迷わせないためには、お金を貯め込まず、あるうちに新しいことをやった方が楽なんですよ。商売がダメになってから新しいことをはじめては遅い。レンタルビデオ屋にずっとこだわっていたら滅びるしかなかったはずですから」

 DMM.comのゲーム開発の責任者はレンタルビデオ店を経営していた時期に店長だった人物だという。

「努力してスキルを磨けば、レンタルビデオ屋もゲーム業界で生き残れるんです。インターネットだって、あと10年先どうなるか分からない。だから結果的に新たな商売を次々に手がける形態にならざるをえなかった。いまの業種がダメになっても、次の業種にみんなで移り住めばいいわけだから」

──次の業種に移り住む、ですか。面白い表現ですね。次はどんな事業を?

「昔は自分のことで手一杯だったけど、最近はゆとりができて社会的なことも考えるようになってきた。いま学校をはじめようと考えているんです」

──学校ですか?

「うん。たとえば、頭はいいんだけど家が貧乏で大学に行けないような連中を社員として雇って、うちの仕事をさせて給料を払いながらビジネスを教えるような仕組みを作るとか」

──戦後、中卒の子を雇って夜間高校に通わせながら働かせる企業も多かったですね。

「ただね、昔の日本では単純作業の効率性を高めるような教育だったわけでしょう。いや、いまもそうかもしれないけど……。効率性を高めてもロボットには敵わないし、作業の価格もどんどん安くなっている。会計士の仕事だって、パソコンやロボットにとって代わられていくんだから。必要なのは、自分で考える能力やビジネスの発想だと思うんですよ。それを教えるような学校ができれば、と」

──「亀チョク」でアフリカ進出を目指すDMM.Africaという事業も進めているそうですね。

「手を上げた社員にアフリカ行きのチケットと100万円をわたして、なんでもいいから稼げそうなビジネスを探してこい、と。はじめに渡航したのは、10人くらい。日本人なんて来ないから珍しがられて、大統領にまで会ったヤツもいるんですよ。

 いまはルワンダとザンビアで、電子マネーのビジネスとアプリを使った農業支援事業が進んでいます。2017年から本格的にスタートできそうです。5年後くらいに芽が出れば、いまの業種がダメになってもアフリカに移り住めばいいから(笑)」

 亀山は会長になったいまも2、3年に一度、1か月ほどの休暇を取ってバックパッカーとして海外を放浪する。南米大陸、インド、アフリカ大陸、内戦中のボスニアでは軍に拘束された経験もある。DMM.Africaもアフリカの勢いを肌で感じたから、生まれたアイディアである。

──中国ではなかったんですね。

「国や地域はどこでもよかったんですが、なるべく人が行かないところに行った方が面白いですからね」

 DMM.Africaにはアフリカ人だけでなく、アメリカ人やフランス人、中国人も携わる。よく宗教や国際問題で言い争っているという。でも、それが面白い、と亀山は続ける。

「日本は多様化しにくい社会だと思う。だったら会社のなかが多様化していけばいい。外国人だけじゃなくて、ゲイなどLGBTの人も含めていろんな人を会社に入れて『ああだ』『こうだ』とやっていきたい。いろんな価値観や考え方のなかから、面白いもの、新しいものが生まれてくれば、と」

 これからDMM.comがどんな事業を展開するのか、まったく予想がつかない。それは、そうだ。次の行動がバレたらゲリラはやっていられない。だからDMM.comは面白いのだ。

【PROFILE】19歳で露天商に師事し、様々な地域でアクセサリー販売を手掛ける。その後、24歳の時に家族が経営する飲食店を手伝って欲しいと請われ石川に帰郷。雀荘やバーなどの経営を経て、1980年代後半レンタルビデオ店を開業。その後、卸売を通さないDVDの販売ルートの確保や、販売時点情報管理(POS)の開発/無料配布により事業を拡大。インターネット黎明期であった1998年には他社に先駆けてネット配信事業(現DMM.com)を開始し、動画配信、通販、レンタル、オンラインゲーム、英会話、FX、ソーラーパネル、3Dプリンターと多岐にわたり事業を手がけ現在に至る。

※SAPIO2017年2月号