(写真=シン・ダウォン公式インスタグラム)

写真拡大

“奇跡のDカップボディ女神”ユ・スンオクが火をつけた韓国の“マッスル美女”ブーム。2016もメディアやネットユーザーたちの注目を集めた、新たな“マッスル美女”たちが次々と誕生した。

韓国もネットメディア『アジア経済』は、そんな“マッスル美女”たちのニューフェイスたちのベスト10を厳選している。

題して「2016美ボディ決定王“マッスル・クイーンTOP 10』。その10人をここに紹介しよう。

まずは“キュートなマッスル美女”として話題となったチェ・ソルファ。プロ野球始球式の様子が日本の週刊誌でも紹介されたので、日本でも彼女の名を知る者は多いだろう。

“国宝級リンゴ尻”に牛乳肌のマッスル美女が登場!!

だが、昨年の韓国は彼女よりももっと魅力的な“マッスル美女”がたくさん生まれている。一挙に紹介しよう。

例えばシム・ウトゥムだ。学生時代は陸上競技とバスケットボールに熱中し、フィッネスジムのトレーナーになったという彼女は、“史上最高のヒップライン”、“国宝級のリンゴ尻”として一躍、有名になった。

次に紹介したいのは、ソ・リナだ。

2016年6月にウルで開催された「2016世界ダイエット・エクスポ」内の企画として行われたボディビル大会「2016キム・ジュンホ クラシック」ビキニ部門予選会に出場した彼女は、そのポージング動画がYoutubeなどでネット公開されると、動画が瞬く間に拡散されて、瞬く間に有名人となった。

才色兼備の美肌ティラピストにエロマッチョな2人!!

「この女性は誰だ!? 白く透明な牛乳肌に滑らかな曲線。これまでのマッスル美女と明らかに一線を画するじゃないか!!」

そんな声が殺到したのだ。まさに牛乳肌のマッスル美女。ソ・リナはネット・パワーで一躍有名になった“マッスル美女”と言えるだろう。

2016年にブレイクした“美ボディ決定版”と言えば、ヤン・ジョンウォンも外せない。

人気女優ハン・イェスルを彷彿させるマスクに愛嬌がある笑顔。美しいボディラインにミルクのように白くて透明な“牛乳肌”。そのルックスは明らかに“マッスル美女”とも一線を画する。

“マッスル美女”たちが美しく健康的でありながらセクシーさもアピールする中、ヤン・ジョンウォンはさりげなく、やさしく、にこやかに寄り添ってくれる“隣のお姉さん”のような色気がある。

ヤン・ジョンウォンは既存のマッスル美女たちとは一線を画する、才色兼備の美肌ナイスバディという新ジャンルを示したと言えるだろう。

ふたりのエロマッチョを凌ぐ、韓国の“腹筋女子”たち

ただ、“マッスル美女”と言えば、やはり“エロマッチョ”であるべきとの声も多い。そんな声に応えるかのように、脚光を浴びたのがホン・ジュヨンとイ・ヒョンミンだ。

ホン・ジュヨンは女性ボディビルダー兼モデルとして活躍しており、“黄金の比率”と言われる彼女のホディは、「完璧なコーラ瓶ボディ」「Sラインの教科書」に加え、バービー人形にちなんだ「マッスル・バービー」と、韓国メディアから絶賛された。

一方のイ・ヒョンミンは、もともとフィットネスジムのトレーナーだったが、2012年の「マッスルマニア・コリア」大会でスポーツモデル部門1位、ビキニ部門で2位に輝き、以降、モデルとしても活動。その容姿はゴージャス&パワフルだ。

また、昨年は日本でも“腹筋女子”なる造語も生まれたが、韓国でも美しくセクシーな“腹筋女子”が登場している。

その中でも代表的な4人がスポーツトレーナーのファン・アヨン、“Top Of Muscles”でその名を轟かせたイ・ソフィ、フィットネス選手のキム・ヘナ、そして“マッスル美人姉妹”のシン・ダウォン。

このように“マッスル美女”のニューフェイスが次々と登場した2016年。果たして2017年はどんな“マッスル美女”が登場するのだろうか。

(参考記事:10人の写真も完全公開!! 韓国メディア選定!!『2016年に輝いたマッスル・クイーンTOP 10』は誰だ!?

今から楽しみで仕方がない。
(文=S-KOREA編集部)