1

とくに欧州車のカスタムファンに絶大な支持を受けるドイツのサスペンションメーカー、KW(カーヴェー)。主にF1チームの研究開発に使われている「油圧式7ポストリグ」というシミュレーション設備を導入。路面の凹凸によりサスペンションがどう機能するかなど様々な走行状況を実走行に近い状態で再現することで、走り、乗り心地に最適なスペックをはじき出す最新技術を持つ。

そのKWの主要技術を元に同じ工場の生産ラインを使い、リーズナブルなプライスと高品質を両立させているのが、セカンドブランドである「ST(エスティー)」だ。KW、STともにラインアップは欧州車だけではなく、主に欧州で販売されている車種全般に及ぶ。つまり世界戦略車であるプリウスの設定があるのだ。

プリウス用サスペンションは、車高調整および伸び側の減衰力調整が可能なST XA。18インチにインチアップしたプリウスで試乗した感じは、ローダウンしたクルマにありがちな硬さはなく、路面の凹凸に対してもマイルドに走り抜ける。

車高調整幅は前後ともに30〜60ミリダウン。減衰力調整ができるので、乗り心地の調整もダイヤルを回すだけで可能だ。人とは違う欧州車的なノリのカスタムを楽しむならばSTがオススメ。

STXA
価格:14万6000円(税別)
対応:30プリウス

30プリウス用のリアは、アダプターを使って車高調整をする。もちろん減衰力調整はリアも可能だ。

様々なモータースポーツでの実績もあり、品質は抜群。国産ブランドとは違う欧州車的な乗り味を楽しめる。

フロントはエンジンルーム、リアはラゲッジから減衰力調整をする。ダイヤル式で調整は簡単。

ドイツを拠点とするBMW公認チューナーのMKモータースポーツ。そんな名門に、実は30プリウス用のホイールがある。ブランズハッチは、丸味を帯びたツインスポークにエッジを効かせた切削ラインを設けた独特なデザイン。ユーロメイク派はぜひ。

MKモータースポーツブランズハッチ
価格(税別):4万5000円
サイズ:18×7.5J

(ドレナビ編集部)

ヨーロッパ的乗り心地をゲット!ドイツ仕込みの車高調で30系プリウスの走りが劇的変化(http://clicccar.com/2017/01/05/430527/)