『僕らのごはんは明日で待ってる』の中島裕翔にインタビュー/[c]2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

写真拡大

『僕らのごはんは明日で待ってる』(2017年1月7日公開)で、初めてラブストーリーの主演を務めたHey! Say! JUMPの中島裕翔にインタビュー。無口でネガティブな亮太役に等身大で臨めたという中島が、共演の新木優子との撮影裏話や胸キュンシーンの舞台裏について語ってくれた。

【写真を見る】愛くるしい!ヒロインを務めた新木優子の笑顔/[c]2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

原作は瀬尾まいこの同名恋愛小説。主人公の亮太(中島裕翔)と、明るく超ポジティブな小春(新木優子)の運命的な恋を描く。中島は脚本を読んだ時に、温かさや柔らかさを感じたそうだ。「ラブストーリーだと言われたので、まずは男の子がドSで女の子にいろいろと仕掛けていくといった王道のものを想像したんです。でも、タイトルに平仮名の“ごはん”が入っているから、そういうものじゃないなあと。脚本を読んでみたらうるうるするし、亮太がだんだん成長していくのもいいなあと思いました」。

中島はネガティブな亮太役に「ガチガチに役づくりをしていくというよりは等身大でやっていこう」といつもとは違うアプローチをしていった。「無口で自分の殻に閉じこもっていて、人とあまりコミュニケーションを取らない。わかりやすく言うと草食系男子に近いと思いました。でも小春と出会い、生きる上でのポジティブさを分けてもらって、最終的に自分が大事にしなければいけないものに気づいていくんです」。

共演の新木との距離感は、お互いに少しずつ詰めていったそうだ。「最初から話しかけようと思っていたんですが、彼女の方もぐいぐい来る感じじゃなかったのであまり行けなくて。現場のスタッフさんからは『最初からすでに亮太と小春ができあがっていた』と言われましたが、最初からもっと話せば良かったかなと。順撮りに近い撮影スケジュールを組んでくれたことにも感謝しています。撮影が進むにつれて実際の距離も近くなっていったので」。

亮太と小春が急接近するきっかけとなるのが、運動会で2人が1つの米袋に入ってジャンプするという競技だ。「米袋をぎゅっと縛っている時の小春が、うれしさや恥ずかしさ、強がっている感じをミックスした表情をするんです。それが何とも言えない良い表情で、撮影時は僕の角度から見えなかったから、試写で初めて見た時はキュンとしました」。

小春が亮太の好きなケンタッキーフライドチキンを真似て作るシーンも実に微笑ましい。「普段っぽいやりとりは見ていて楽しいし、食べた後で亮太がチキンの脂でベトベトの指で小春を抱きしめる姿もキュンとなります。あれはお互いに思い合っているからこそできたんだと思う。ほぼ順撮りだったから新木さんともだんだん接しやすくなっていって、その雰囲気も映像に出ていたんじゃないかな」。

紆余曲折を経て互いに強く惹かれ合うようになる亮太と小春。亮太がケンタッキーのカーネル・サンダースの像を抱えて疾走するシーンは映画のハイライトでもある。「あれは相当大変でした。すごく重くて25、6kgはあったんです」と苦笑いする中島。

「もう少し胴体の方を持ちたかったのですが、やっぱり土台がいちばん重いので無理なんです。でも、走る姿は不格好で滑稽だけど亮太的にはひたむきに頑張るシーンだから、軽いダミーじゃなく本当に重かったことは良かったです。撮影のための車止めもしてなかったので、道行く人々もびっくりしていました。結果、良いシーンになったと思います」。

本作のメガホンをとったのは、お笑いグループ・髭男爵の元メンバーである市井昌秀監督だ。

「いままで出会ったことのないタイプの監督でした。長年やってきた人が最初は大事にしていたけど、やっていくうちに大人の事情で省いてしまったいろいろな工程を敢えてする感じです。つまり、かけるところには時間をかける。カメラも僕たちがやっているお芝居をなるべく崩さないように設置してくれるし、すごく演じやすい環境を作ってくださった。普段はおっとりした監督ですが、作品を少しでも良くしようとする向上心がある意味“ロック”で、周りに抗う感じも良かったです。だから僕たちも無理なく自然の流れで演じられたし、その表情を切り取ってもらえたことは役者冥利に尽きました」。

全幅の信頼を寄せる市井監督の下で、亮太として自然な佇まいを見せた中島裕翔。うるうるキュンキュンし、観終わった後でホットになれるラブストーリーは、寒さ厳しいお正月明けの今ピッタリだ。【取材・文/山崎伸子】