1

CES 2016でコンセプトカーを発表していたEVベンチャーFaraday Future(ファラデー・フューチャー)が、CES 2017に合わせた発表会で、市販を前提としたEV「FF 91」を正式に発表しました。FF 91は航続距離700キロメートルをクリアし、テスラモーターズのModel Sよりも速いマシンとなっています。

FF 91 | First Of The Species | Faraday Future

https://www.ff.com/en/

CES 2017: Faraday Future unveils super fast electric car - BBC News

http://www.bbc.com/news/technology-38503987

Faraday Future’s first car - the FF91 - is here - The Verge

http://www.theverge.com/2017/1/3/14162236/faraday-future-electric-car-unveil-ces-2017

ファラデー・フューチャーは、CES 2016ではコンセプトカー「FF ZERO1」を発表していました。

テスラを追う新興EVスタートアップ「Faraday Future」がコンセプトカー「FFZERO1」を発表 - GIGAZINE



あまりにも現実離れしたコンセプトカーのデザインに、ファラデー・フューチャーが本当にEVを市販できるのか懐疑的な意見が出されていましたが、1年後のCES 2017にあわせて、ついに市販を前提としたEV「FF 91」を発表しました。



FF 91は全長5230mm×全幅2283mm×全高1598mmでホイールベース3200mmで、ドア下周りがえぐり込むようなデザインのSUVタイプです。



サイドにはミラーではなくカメラを搭載。



リア回り。



リアランプを兼ねるスポイラー。



FF 91のエクステリアデザインは以下のムービーで確認できます。

FF 91 Exterior | Sculpted for Revolution - YouTube

CES 2017の発表会前には、FF 91がテスラのハイエンドEV「Model S P100D」よりも速いということを示す、走行試験ムービーを公開。停止状態から時速60マイル(約97キロメートル)までにわずか2.39秒という驚異的な加速性能を誇ることが明らかになりました。

FF 91 Prototype v. Tesla Model S P100D | 0-60 MPH Results - YouTube

FF91が発表されたイベントではFF 91が会場を走行する様子が確認できます。

Faraday Future FF 91 | CES 2017 Reveal Event - YouTube

FF 91のドア回りにタッチすると……



自動的にドアが開きます。



スマートフォンと連携させることで、FF 91はドライバーが誰であるかを認識するとのこと。



スマートフォンと連携させることでドライビングポジションだけでなく好きな曲やドライブコースなど、ドライバーの好みを把握することができるというわけです。



ドアは観音開き。



FF 91は自動パーキング機能を搭載しています。



周囲の状況は、ボンネットから現れるLIDARセンサーで感知します。



発表会場のそばの駐車場でFF 91が無人運転で駐車スペースに停める様子が映し出されました。



FF 91は自動運転モードも備える予定だとのこと。



フェラーリよりもModel Sよりも優れた加速性能を持つFF 91が、会場のステージで走り出す様子は以下のムービーで確認できます。





抜群の加速性能を持つFF 91は最大出力1050馬力、最大トルク1800Nmで、130kWhのバッテリーを持ちNEDC基準で航続距離700キロメートルを実現するとのこと。



FF 91のお披露目イベントには、中国のムービーストリーミングサイトLeEcoのJia Yueting社長も駆けつけました。ちなみに、LeEcoはファラデー・フューチャーに出資をしているビジネスパートナーです。



FF 91は専用サイトで5000ドル(約58万円)の預託金制での予約受付を開始。ただし、ファラデー・フューチャーはたびたび資金難が報道されており、最大のパートナーのLeEcoもスマートフォン事業など急激な拡大路線のため経営難がささやかれています。FF 91が予定通り2018年に発売されるのか、注目を集めそうです。