トヨタ、未来に突き抜けたクルマ「Concept-愛i」をCESで公開。嗜好に合わせた会話や自動危機回避機能など搭載

写真拡大

米国ラスベガスで開催の家電見本市CES 2017より。トヨタがAI搭載のコンセプトカー、「Concept-愛i」を発表しました。読みは「こんせぷと・あい・あい」ではなく、「こんせぷと・あい」。愛という漢字を「AI」に引っ掛けてしまうセンス云々はともかく、トヨタはこのコンセプトカーで「自動車がドライバーをより理解し、常に支え続けるかけがえのないパートナーになることを目指す」と語っています。

Concept-愛iが掲げる特徴は、まずAIによって「人を理解する」能力を身に着け、ドライバーのSNSや会話を記憶・分析することで好みを推定します。次に把握したドライバーの好みにあわせ、感情や体調、覚醒度に応じて視覚・触覚を刺激して安全運転させる「安全・安心」を提供、仕上げとしてドライバーの気持ちに先回りした提案をしたり会話を誘導、つまり好みに応じたニュースを知らせたり、思考に合わせた自由会話を実現するとのこと。また走路逸脱など危機的状況では自動的に運転を引き継ぐ「スタンド能力的機能」も備えます。さらに少し遠回りしてでも楽める運転ルートを提案するといった「新しいFun to Drive」も提供するとしています。

自動車はどうあるべきかを考えたとき、多くの人は「空間移動のための道具」と考えるはず。そして自動車での移動は、基本的に退屈なものです。ドライバーだけなら自由に車を操るよろこびを感じることもできるものの、助手席や後部席ではただ狭い空間で揺さぶられ続けるしかありません。

そこで、自動車メーカーは乗員を少しでも快適にするためにエアコンを装備し、カーステレオやカーAVを開発し、最近ではネット接続性も提供してきました。Concept-愛iは、この車内快適性を自動車メーカーの視点から推し進めようと考えたクルマとも言えそうです。

【ギャラリー】Toyota Concept-愛i (13枚)



ドライバーの嗜好や感情を認識するのにSNSの会話を覗き見したり、車内行動や会話履歴を覚え、居眠りをしないよう視覚や触覚で刺激を与えられるとなると、そこまでしてほしいドライバーがいるのかが逆に気になります。またAIがドライバーの覚醒度に応じて話題を振ったり会話を誘導すると言われれば、運転に集中したいドライバーがどう思うのかも心配です。

一方、この手の機能は1980年代のカーアクションドラマ「ナイトライダー」のK.I.T.T.で描かれていたものも多く、あの時代の空想の世界が現実のものになろうとしていると思えば、感慨を覚える人も多そうです。

Concept-愛iの「一部機能を搭載した車両」は「今後数年内に公道実証実験を計画」しているとのこと。写真のまんまの未来カーがドライバーとおしゃべりをしながら公道を走るわけではなさそうなものの、コンセプトの一部は数年後には市販車にも搭載されることになりそうです。
  
ちなみにConcept-愛iも多くのコンセプトカーに倣って極端に未来的なデザインをまとってはいるものの、ドアは前方が跳ね上げ式シザータイプ、後方はラプタータイプというスーパースポーツカーで伝統的に採用される機構を備えています。ドアの開け方ひとつでなんとなく格好良いような気にさせてしまうのは、このコンセプトデザインの優れているところかもしれません