写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は1月5日、新成長分野の事業拡大を目的に、デジタル技術によって顧客のビジネスの変革を支援する専門組織「デジタルトランスフォーメーションセンター」を1月1日付で新設したと発表した。

キヤノンITSでは、同社の強みであるR&D部門によるビッグデータ解析・AI・自然言語処理に関する研究に加え、2016年よりIoTとデジタルマーケティング分野の事業化検討を進めてきた。これらの背景から今回、デジタル技術や経験を持つ社員から構成される「デジタルトランスフォーメーションセンター」を設立した。

今後も順次体制の強化・拡大を図りながら、IoT、デジタルマーケティング、クラウドサービスなどの個別のサービスに加え、デジタルデータとデジタル技術を総合的に活用する新しいサービスの創出や、顧客の課題解決に向けたソリューションの提供などをグループ全体で推進していく。

IoT分野では、製造業の顧客企業とともに長年培ってきた、生産管理、SCM、監視・制御などのシステム構築経験と、主力事業の1つであるセキュリティソリューションのノウハウを活かし、同社独自の「IoTゲートウェイ」による「小さく始め、育むIoT」の実現など、IoTを活用した新たな付加価値創出とビジネスの創造の加速をサポートする。

デジタルマーケティング分野では、ECサイトを核としてSNSなど多様なデジタルメディアの利活用を可能とするシステムの構築・運用実績や、キヤノンのネットワークカメラを活用した行動分析技術、SNSなどのソーシャルデータ分析技術などを活かし、Webサイト活用、データ分析活用、ユーザー企業とその顧客とのエンゲージメント向上などに努める。

クラウドサービス分野では、IoT、デジタルマーケティングの早期実現のためのソリューションの提供に加え、顧客の新たなビジネスの創出のためのITを構築サービスを提供する。また、顧客が自由にレイアウトを構成できる手帳を提供するなど、デジタル技術を活用したユニークで新たな価値提供を検討していく。

同社は今後、製造・金融・文教などの幅広い業種向けのサービス提供を通じて得られた経験を活用し、デジタルデータの利活用と、それによるビジネス革新をトータルに支援するとしている。

(山本明日美)