TWICEメンバーへの中傷は「見過ごすことができないレベル」…事務所が公式発表

写真拡大

ガールズグループTWICEが、各種悪質なデマに対して強固な対応に乗り出した。

所属事務所JYPエンターテインメント側は本日(5日)、「当社は本日からインターネット掲示板およびSNSなどを通して、生産および流布、拡大再生産されているTWICEおよび各メンバーに対する悪質なデマ、虚偽の事実および人身攻撃的な発言、セクハラ水準に該当するすべての掲示文および関連コメント、掲示文の流布を通した拡大再生産など、TWICEおよび各メンバーの名誉と人格を傷つける行為全般に対して適応できる法的手続きに基づいて、強硬対応する方針であることをお知らせます」と公式の立場を明らかにした。

引き続き、「最近このような悪質な掲示文の度合いと量が見過ごすことができないレベルに達したと判断、所属アーティストの人格権を保護することはもちろん、心理的な健康と正常な活動のためにも、上記の通りに強硬に対応する方針であることをお知らせすることになりました」と警告して、法的対応を予告した。

下記はJYPエンターテインメント側公式コメント全文。

こんにちは。JYPエンターテインメントです。

当社は本日より、インターネット掲示板およびSNSなどを通して生産および流布、拡大再生産されているTWICEおよび各メンバーに対する悪質なデマ、虚偽の事実および人身攻撃的な発言、セクハラレベルに該当するすべての掲示文および関連コメント、掲示文の流布を通した拡大再生産などTWICEおよび各メンバーの名誉と人格を傷つける行為全般に対して適応できる法的手続きに基づいて、強硬対応する方針であることをお知らせします。

これまで当社は自らのモニタリングおよびファンの方々の情報提供を通じて、TWICEおよび各メンバーに対する悪質な掲示文を確認してきており、これに対する程度の把握を持続的に進めてきました。

最近このような悪質な掲示文のレベルと量が見過ごすことができないレベルに達したと判断、所属アーティストの人格権を保護することはもちろん、心理的な健康と正常な活動のためにも上記の通りに強硬に対応する方針であることをお知らせすることになりました。
最近社会全般的に関連被害の事例が増加するにつれ、関連法に基づいてインターネット上の悪質な行為に対する処罰の程度もまた、実刑レベルに大きく増加しています。

当社は関連法務法人と過去の掲示文などに基づいて、法的措置の対象および措置程度に対する細部確認を進行中であり、合わせて今後発生するすべての関連行為に対しても同じ法的基準下に最大限強硬に対応することを申し上げます。

ありがとうございます。