幹線道路の近くに住むと認知症の発症リスク高まる可能性 カナダ研究

ざっくり言うと

  • 幹線道路の近くに住むと、認知症の発症リスクが高まる可能性があると判明
  • カナダの研究チームが、英医学誌ランセットに調査結果を発表した
  • 幹線道路から200メートル以上離れると、リスクの上昇は見られなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング