芥川賞・直木賞なぜ年2回?

写真拡大

芥川賞と直木賞は、毎年1月と8月に発表される文学賞です。芥川賞は、純文学の新人作家に対し、直木賞は大衆文学のベテラン作家に与えられることが多いです。候補作が前月に発表され、ちまたでは、誰が受賞するかといったことで話題になることもあります。そもそもこの2つの文学賞はなぜ1月と8月に行われるのでしょうか。年に1度ではなく2度あるのはなぜなのでしょうか。

本が売れない時期?

芥川賞と直木賞は文藝春秋社内におかれている日本文学振興会によって候補作が選ばれる賞です。実質的に文藝春秋による文学賞といってよいでしょう。この文学賞は、同社の社長であった作家の菊池寛によって作られました。当初の目的は、本が売れないとされる2月と8月に、受賞作を掲載した雑誌『文藝春秋』を売るために作られたといわれています。

ニッパチ対策

2月と8月は、ニッパチと呼ばれ商売には不向きな月といわれています。諸説ありますが、2月は寒すぎ、かつ8月は暑すぎるため、人の足がにぶるため消費が落ち込むともいわれています。昔は本は書店で買うしかありませんでしたから、確かに売上に影響があったのかもしれません。いまは芥川賞や直木賞が何か権威ある賞のようになっていますが、もともとは出版社が本を売るために作った賞なのです。