写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車(トヨタ)は1月5日、モビリティ社会の未来像を具現化したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」を、1月5日〜8日(米国時間)に米国ネバダ州ラスベガスで開催される2017 International CESに出展すると発表した。

Concept-愛iでは、クルマは"愛"がつく工業製品であるというトヨタの想いのもと、クルマが人に働きかけることで始まる、新たな体験を提供する。クルマがドライバーのその時々の感情や想いを理解し、これまでの嗜好を蓄積することで、ドライバーのことをより理解し、常に支え続けるかけがえのないパートナーとなること目指す。

車両デザインは米国デザイン拠点Calty Design Researchが担当した。インパネ中央部に位置するエージェントを起点としながら、車体外装にまでインパネの意匠が連続するシームレスなスタイリングを「INSIDE OUT」をデザインテーマとして形成。ドライバーのユーザーエクスペリエンスの中核となるエージェントも、車両の内装だけでなく外装、さらにはクルマから離れネットワーク上の端末などに登場。人を理解するエージェントを長期にわたり共にいることで、人との距離が近づき、従来の人とクルマの関係を超えたパートナーのような関係の構築するとしている。

なお、Concept-愛iは今後数年内に公道実証実験を計画しており、今回の出展内容の一部を搭載した実験車両が日本の都市を走行する予定だ。

(神山翔)