写真提供:マイナビニュース

写真拡大

リコーは1月5日、24時間連続で360°の全天球ライブストリーミングが可能となるカメラ「RICOH R Development Kit」を発表した。

同製品は同社独自の全天球映像技術を活用し、2K解像度で30fpsの全天球ライブストリーミングを可能とする。全天球映像の標準フォーマットであるEquirectangular Projection Formatへの合成は、カメラ内でリアルタイムに行われる。映像はHDMIまたはUSBにより出力され、ACアダプターを使用し24時間の連続稼動が可能。また、マイクロSDカードへの記録もできる。

360°の全天球ライブストリーミングはエンターテインメントをはじめとする幅広い分野での活用が期待されていることから、リコーは同製品を用途開発向けの開発キットとして出荷する。なお、出荷開始は2017年春の予定。

(神山翔)