国内外の有名チョコメーカー数社に監修を依頼するも拒否されて実現には至らなかったという、明星のスイーツ焼そば「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」が2017年1月9日(月)に登場します。明星は2016年にも同じ名前の製品を作っていますが、2017年版は前回とは異なり「焼そばとしてではなく『めんスイーツ』として仕上げている」とのこと。一足先にゲットできたので、さっそく食べてみました。

「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」(1月9日発売)

https://www.myojofoods.co.jp/news/5688.html

これが「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」。パッケージには「2017年新作 謎チョコキューブ入り チョコソース」と書かれています。



パッケージ右側の写真を見るとチョコソース&謎チョコキューブの写真。2016年版はキューブではなくふりかけだったので、ここは大きな違いの1つです。



チョコソース付きなのは前回と一緒。



原材料名を見てみると、2016年版は小麦粉・植物油脂・食塩だけで作られていた油揚げめんの中に糖類・ココアパウダーが入っています。また、ソースの原材料も、一番手前に「ソース」ではなく「チョコソース」が来ていることから、スイーツっぽくするための改良が加えられていることがわかります。



カロリーは1食あたり489kcal。



フタをめくってみたところ、ちらっと見える麺がまず違うことが判明。いつものうす黄色の麺ではなく、茶色い麺となっています。



中に入っていた小袋はソース・あとのせかやく・チョコソースの3種類。



ということでお湯を入れて3分待って……



お湯切り。



麺にソースを加えると、ソース独特のスパイシーな香りは皆無で、シナモンとチョコの甘い香りがふんわりと広がります。目を閉じれば焼そばを作っているとは想像できない香りです。



麺とソースをしっかり混ぜてから、さらにチョコソースと……



謎チョコキューブをプラスします。



2016年版は「チョコレートの甘い風味がほんのりと感じられますが、ウスターソースの甘辛い味の方が強く、デザートというよりは『焼そば』寄りの味わい」とコメントされていましたが、確かに2017年版は甘辛いソースの存在感はほとんどなし。ほんのりとした甘さとカカオのほろ苦さ、バニラやシナモンの香りが主役の甘さと塩気が融合したスイーツとなっていました。明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味よりは遙かに食べやすいのですが、食べやすいが故にネタとしての振り切り度は低いように感じます。



ソース自体は甘じょっぱくもあっさりした仕上がりですが、最後に加えたチョコソースはチョコの味が濃厚で、ほろ苦さは特にここから感じられるようでした。なお、謎チョコキューブはチョコそのものではなくココアパウダーと糖類から作られており、チョコ感はそこまでありませんが、サクサクとした食感がグッド。



ネタ系焼そばですが「アリと言えばアリ」と言う人が出るほど食べやすくスイーツ寄りになった明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソースは、税別180円。2017年1月9日(月)からの販売となっています。