4日、アイスランドの気象キャスターがこのほど、夕方の天気予報番組で視聴者に中国製品ボイコットを訴えた。写真は中国の炭鉱。

写真拡大

2017年1月4日、アイスランドの気象キャスターがこのほど、夕方の天気予報番組で視聴者に中国製品ボイコットを訴えた。環球時報が伝えた。

アイスランドのニュースサイト「grapevine」によると、気象キャスターのエーイナル・スヴェインビョルンソン氏は番組内で「中国は石炭を燃やして製品を製造している。中国で製造されているすべての製品は環境に優しいものではない」とし、「アイスランド人が気候変動に対抗するために取ることができる最も簡単な方法は、中国製品をボイコットすることだ」と述べた。

米メリーランド大学のクラウス・フバーチェック教授は「中国の輸出に関連するCO2排出量は多く、製造技術は進歩していない」と指摘する。

アイスランドでは、中国製品の輸入量が2011年から5倍に増えている。(翻訳・編集/柳川)