【今さら聞けない】中古車で良く耳にする「過走行車」とはどんな距離のクルマ?

写真拡大 (全7枚)

現在のところ1年1万kmが基準の走行距離

中古車を買うときや、逆に手放すときに気になるのが走行距離だろう。もちろんクルマというのは走ってこそのものだけに、走行距離が増えていくこと自体は問題ではない。

そこで気になるのは過走行。つまり基準よりも走りすぎているから壊れやすいとか、安くしか下取ってもらえないのではないか、ということだ。

その気持ちはよくわかるけど、そもそも基準ってどんなものなのだろうか。昔からいわれるのは、1年あたり1万kmだ。その昔はクルマの寿命は10年/10万kmと言われていたので、これが根拠になっているのだろう。

1年をさらに12カ月で割ると、月に800kmぐらい。サンデードライバーだとクリアするのは難しい数字かもしれない。そうなると妥当性はあるだろうし、中古車店に取材に行くと今でも年間1万kmというを基準にしていることは多い。

この点に文句はなし。ただし、それだけがすべてかというそうでもないだろう。人間に例えると、1年1万kmというのは一般的な歳の取り方だ。その一方で、歳よりも若かったり、元気な人もいるのも事実。クルマでもこの状態はあり得るわけで、つまり走行はかさんでいてもシャッキリとしているクルマはけっこうある。

今のクルマは製品精度が上がっているため必ずしも程度と距離は比例しない

シャッキリしている理由は、メンテをキチンとしていたり、手荒く乗らなかったり。また一気に長い距離を走るというのも、じつはクルマにとって調子が引き出せる乗り方だったりする。そうなると、単純に距離だけでは判断できない。

手放すときは、いくら調子がよくても距離がかさんでいるというだけで安くなってしまうのはあるかもしれないが、買うときは記録簿を見たり、試乗をして実際の状態を確かめてみるなどすれば、一見過走行でも、シャッキリとした程度のいいものを見つけることができるだろう。そうなれば価格も安くて、懐にも優しい。

こういった状況は、クルマそのものがよくなってきたというのが大きな理由としてあるわけで、20〜30万km走っても問題なしというのは珍しくもない。そんな時代に必ずしも1年あたり1万kmにこだわることはないだろう。そろそろ過走行の基準を見直す時期に来ているのかもしれない。