大好きなカレと交際がスタートして2年半。そろそろ“結婚話”があってもいいはずなのに、いつまで待っても足踏み状態。

もしかして、私と結婚する気がないのかも……?

そんな不安を抱える女性のために、男性に「結婚したい」と思わせる究極のコツをご紹介します。こっそり実践して、女の幸せを手に入れちゃいましょう。

 

■親身に看病してあげる

「熱を出して寝込んでいたとき、彼女が隣に寄り添って看病してくれた。俺が寝ている間に洗濯をしたり、体にいい食べ物を作ってくれたり、水枕を交換したり。あまり寝てなかったんじゃないかな?フラフラになりながらも、元気になるまで尽くしてくれた彼女を見ていたら、一生大切にしたいと思った」(28歳/メーカー)

弱っているときに優しい言葉をかけられたり、親身にサポートしてもらえたりすると、男性は「もう、この子しかいない」と実感するといいます。カレが落ち込んでいるとき、体調を崩して寝込んでいるとき、あなたの“母性”を全開にしてアピールしてみて!

 

■どんなときもカレの味方になってあげる

「友達と意見が合わなくて落ち込んでいたとき、彼女が“大丈夫だよ。私がついているから”とそっと呟きながらギュッと抱きしめてくれた。大好きな人が味方になってくれるって、こんなに幸せなことなんだって初めて実感した」(29歳/建築)

カレがマイナス志向になっているとき、一緒にネガティブな発言をするなんて絶対にダメ。「私がいるから、大丈夫」「もっと○○してみよう」と前向きな考えをぶつけて、カレの気持ちをリセットさせてあげましょう。あなたと二人なら乗り越えられる、という成功体験を1つでも多く作ることが大切ですよ。

 

■楽しそうに子どもと遊んでいる姿を見せる

「共通の友人の出産祝いに遊びにいったとき、本当に幸せそうな笑顔を浮かべて赤ちゃんを抱っこしている彼女を見て、俺もそろそろかな……とぼんやり二人の将来を想像しちゃった。やっぱり周りが結婚、出産ラッシュを迎える年齢になると焦るのかも」(30歳/公務員)

交際期間が長いのに、なかなか結婚話が進展しないのは、カレに結婚への焦りがないから。そんな男性をその気にさせるには、“母親”としての一面を見せて、出産のタイムリミットがあることを知らせることが重要です。「私も○歳までに子どもが欲しいな」なんて台詞も効果的ですよ。

 

■カレ好みの料理を作ってあげる

「ずっと前に“美味しいビーフシチュー食べたいな”って言った台詞を覚えていてくれたのかな?彼女の家に行ったとき、俺好みのお肉と野菜がゴロゴロ入ったビーフシチューを振る舞ってくれた。料理上手はもちろんだけど、頑張って作ってくれた工程が嬉しい」(27歳/商社)

“男を掴むなら、まず胃袋を掴め”といわれるように、やっぱり料理上手な女性は男性たちにチヤホヤされる傾向があります。カレの大好物をリサーチして、あなたの得意料理にするのはもちろん。おふくろの味を教えてもらう機会があれば、カレ好みの味付けをマスターするのが結婚への近道ですよ。

 

男性にとって結婚は“勢い”だという意見もあります。「この子と結婚してもいいかも」と一瞬でも思わせることができれば、結婚の可能性がぐっと高まるということです。

あなたも今回ご紹介した4つのポイントを参考に、さりげなくカレにアピールしてみてはいかがですか? きっと最高の幸せが待っているはずですよ。

【画像】

※ Oleksandr Schevchuk/shutterstock

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【関連記事】

※ 結婚する前にチェックしておきたい。彼氏の「元カノ事情」3つ

※ そろそろ落ち着こうかな。彼氏にさりげなく「結婚」を意識させるコツ4つ

※ いよいよ結婚。男が「プロポーズ」を決意するきっかけ3選

※ 血液型別「結婚すると苦労する」男子ランキング!2位のO型はDV夫予備軍…

※ 幸せな「結婚生活」を送る秘訣【崖っぷちアラサーOLが結婚するまで#16】