5日、韓国で開発されたローラー付きのガードレールが世界で注目を集めている。

写真拡大

2017年1月5日、韓国で開発されたローラー付きのガードレールが世界で注目を集めている。

韓国の「ETI」は、回転する多数のローラーによって猛スピードでぶつかった車の衝撃を横に受け流すことができるという新発想のガードレールを開発した。同社が発表した実験映像では、大型のトラックやバスもガードレールを突き破ることなく、道路側に跳ね返ってバランスを立て直した。車両の転落などによる二次被害を防止する効果が期待されている。

この映像に、世界のネットユーザーからは「素晴らしいアイデア」「これがあればカーブの道も安心して運転できる」「すぐに中国がパクるだろう」「後ろの車にとっては危険かも」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/堂本)