箱根駅伝の選手が宿泊する『やまいち旅館』の女将・小泉孝子さん(写真右)

写真拡大

 青山学院大学の3連覇で幕を閉じた2017年の箱根駅伝。数々の見どころがあるが、なかでも特に“美しい”のが、往路3区から4区にかけての風光明媚な景色。選手たちは富士山を正面に、相模湾と並行する国道を走り、箱根を目指す。

 その4区、平塚中継所に近い場所にある『やまいち旅館』には、毎年、往路2〜4区、復路8、9区の5〜6校の選手たちが宿泊する。今年は、青山学院大、明治大、中央学院大、国士舘大、大東文化大、関東学生連合チームを出迎えた。女将の小泉孝子さん(52才)は、30年前からずっと箱根駅伝を見守ってきた。

「これまで山を走って倒れた選手もいて、回復後にうちに来たけれども、夜になって体調が悪化して、慌てて救急車を呼んだこともありました。2区の選手で、素晴らしい走りでどんどん抜いていたのが、急に失速して、襷(たすき)をつなぐことができなかったこともあった。あの時はもう…つらかったね…。テレビでずっと応援していたけれど、走り終えてここに帰ってくるのがわかっているからね。戻ってきた時は、周りに慰められながら、泣きじゃくっていました。あの時は私もかける言葉が見つからなかった…」

 1月2日、3日。東京・大手町から箱根・芦ノ湖間の往復217.1kmを10人の選手が襷をつないだ。彼らはこの日を迎えるために、365日24時間、息をつく間もなく、厳しい生活を送っている。

 箱根駅伝に名を連ねる多くの大学に完備されているのは選手寮。学生たちは入学式前の3月から入寮し、徹底管理された共同生活を送る。

 日々の練習もハードだ。朝5時〜5時半には起床し、すぐに朝練が始まる。1時間半ほど練習したあとは、朝食をとって普通の学生と同じように大学に向かうが、例えば青学大では寮から走って通学する。授業が終わって夕食を終えると、再び練習。ひと月で800〜1000kmを走り込む。

 食事もまた栄養士に徹底的に管理されている。それは、体をしぼり、体重が軽いほど長距離を走るのに有利といわれているから。選手たちは当日を最高のコンディションで迎えるため、チョコレートやケーキといったお菓子もほとんど口にしない。

 学生同士で朝まで飲み明かすこともなければ、クリスマスや正月に浮かれることもない。逆に当日が近づくと神経質になり、交通事故を恐れて自転車に乗らない選手もいる。

「だからその日は、20人近いスタッフを総動員して、選手が万全で本番を迎えられるようにしているんですよ」

 小泉さんはそう言って笑った。宿泊するといっても、滞在時間は短く、元日の午後2時過ぎにチェックインして、当日(翌・1月2日)の朝5〜6時には出発する選手たちのためにできることは限られている。おのずと食事には力が入るのだという。

「事前に各大学に献立をお渡ししています。食事は朝晩ともにバイキング形式で、サラダやメーン、果物などいろいろな種類をお出しするようにしています。すぐにエネルギーになる炭水化物は、ご飯、おかゆ、お餅、うどん、パスタをそろえます。あんこは要望が多い一方で揚げ物も用意しますが、控えているみたいです。お正月だからおせち料理も用意するのですが、縁起物だからか意外とみなさん食べていますね」(小泉さん)

 当日の朝食時間は選手によって違う。“走る何時間前に食事をしたい”という選手もいて、『朝3時に食べたい』ということもあった。その場合、バイキングにするわけにはいかないので、1人分、2人分と個別の献立を作る。

「そのときは、調理スタッフもみんな、午前2時に起きるんです(笑い)。ですから私たち旅館の者も、とにかく寝る間もない。でも、選手のみなさんは箱根に向けてずっとがんばってきているから、私たちも彼らを支えたいという思いが強いんです。この日のために走ってきた彼らを送り出すことが、私たちの新年の仕事始めなんです。それを大変だなんて思いません。むしろとってもありがたいことだと思っています」(小泉さん)

※女性セブン2017年1月19日号