<SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ 事前情報◇4日◇プランテーションコース at カパルア>
2017年幕開けの一戦となる「SBCトーナメント・オブ・チャンピオンズ」が5日(木)に開幕を迎える。昨年の優勝者のみが出場できる今大会にツアー3勝をひっさげて帰ってきた松山英樹は短いオフを経て新年のスタートを切る。
松山英樹のドライバーショットを連続写真で分析!
このオフは「何もしていないです」と笑った松山だが学生時代以来に地元で父・幹男さんとゴルフをするなどしてリフレッシュ。ゴルフ外の時間についても「そうですね。お酒ばっかり飲んでましたよ」と笑った。
2015年以来のコースについては「コースはウェットでグリーンの状態も良くないけど速く仕上がっている」と警戒。初出場の前回は20アンダーで3位タイに入っているが、優勝者だけに与えられるフィールドだけに「毎年来たいなと思います。この大会は」と思いを新たにした。
昨年は10月の日本オープンを皮切りにWGCなどビッグイベントを含む5戦4勝を挙げて、米国内でもさらに注目を集める存在となった。メジャー制覇の期待も十分に膨らむが「それは頭にはありますけど、優勝できたらうれしいので、とりあえずなにか優勝したいですね」と一戦必勝を強調。今年の目標についても「優勝できたらいいなと思いますね。なんでもいいんで」と語った。
昨年終盤はドライバーを契約外のキャロウェイ「グレート・ビッグバーサ」で戦ったが、今大会もそのまま継続使用する。アイアンはスリクソンの同モデルの新しいものにスイッチ。信頼のギアで最初の一戦を獲りに行く。
<ゴルフ情報ALBA.Net>