日本の総人口は約1億2513万人。女性のほうが約346万人多いが、それは女性のほうが長生きするため。20代、30代、40代に限って見ると、男性が約2383万人、女性が約2304万人と、男性のほうが約80万人も多いことになる。

写真拡大

「今年こそ結婚したい!」と思っても、なんとなく「婚活」を行うだけではいつまでも縁遠いまま。取るべき対策と、磨くべき武器とは?

■結婚できない男【1】「子どもが欲しい」から結婚したい男

2016年も終わりに近づいた頃。とある会合で、ある男性と名刺交換をした。

「あ、大西さんは結婚相談所を経営なさっているんですね。僕、独身なんです。お世話になっちゃおうかな」

名刺には、誰もが知る大企業の名前に、燦然と輝く会社のロゴ。男性に目を戻すと、細身のイケメンだが、明らかに40歳を過ぎている。

彼の名はシュウさん、43歳。つい、職業病がうずき、結婚相談所を訪れるお客さまにいつも聴く質問をしてしまった。「シュウさんは、子どもが欲しいというお気持ちはないんですか?」と。

「そうなんですよ。周りの友達にも子どもができるやつが多くて。僕もこのままじゃいけないなと思って」

さて、みなさん。ここまでの会話に違和感を覚えなかっただろうか。もしあなたが今年中に結婚したいと考えているアラフォーの男性で、違和感を覚えなかった場合は、年内の結婚は無理だと思ったほうがいい。

▼子どもが欲しい男性が結婚できないシンプルな理由

まず、こちらの表を見てほしい。総務省統計局発表の「人口推計」によると、20歳から54歳までのすべての年齢層で、女性より男性の数が多いことがわかる。これは既婚、未婚、死別・離別などすべてを含んだ数だが、大前提として、結婚適齢期と言われる年齢層では「男が余り、女が足りない」のだ。

さきほど「子どもが欲しい」といったシュウさんは43歳。同世代の女性とこれから結婚となると、子どもを授かることは不可能ではないけれども厳しくなる。こういった男性は、30代までの女性を結婚相手として希望するケースが多い。

ところが、表を見てもらえばわかるとおり、40代の同世代ですら男性が余っている。20代・30代はさらに激しさを増し、その世代だけで、合計60万人の“男性余り”となっているのだ。

私が経営する結婚相談所に限って言えば、40代男性が子どもをもつことを希望する割合は8割を超える。単純に考えれば、結婚を希望する未婚40代男性の8割が、20代・30代の女性にアプローチしようとすることになる。元々男性が60万人余っている20代・30代ゾーンに属する独身女性をめがけて、十万、いや下手をすれば百万人単位の独身男性がアプローチするとしたら……これはかなり困難な道のりといえる。

しかも、日本は少子高齢社会。表を見ると45〜49歳をピークに、それより若い年齢層の人口自体がどんどん減少している。自分より年下の女性と結婚しようとする男性は、日本の人口減少とも戦わなければならないのだ。

こうした市場の厳しさを把握せず「なんとなく子どもが欲しい」から婚活をする無策な男性は、婚活で勝てると思ってはいけない。では、どんな対策を立てる必要があるのか。引き続き、結婚できない男の典型例を見ながら、対策を考えてみよう。

■結婚できない男【2】仕事が忙しすぎて予定が立てられない男

「シュウさんは今まで結婚のチャンスはなかったんですか?」「うーん、37歳ぐらいの時に一度あったかな」「お相手の女性は何歳ぐらいの方だったんですか?」「32歳。職場の同僚ですね」「めっちゃいいじゃないですか! なんで別れてしまったんですか?」

職場恋愛はいい。仕事に対する姿勢を見られ、見せられる。また仕事を通して自分が大事にしていることや価値観をお互いに理解しやすい。お見合いや婚活パーティーなどでの出会いのように、何も知らないところから、お互いを知っていくという大変な作業を省くことができる。

シュウさんは、小さなため息をつきながら答えた。「今もですけど、仕事が忙しすぎて、デートの予定が思うようにいかなくて。同じ会社だから、彼女も理解してくれていると思ってたんですよ。ところが、突然フラれましてね。その直後、彼女は3つ年下で当時29歳の同僚と結婚していきました。やられましたよ、あれは」

――わかってないな、この人。

ここで明らかにしておきたいことがある。問題は、仕事が忙しすぎることはではない。デートの予定が思うように行かないという点が問題なのだ。おそらく予定を延期したり、中止したり、時にはドタキャンもあっただろう。

多くの女性は、好きな人が頑張っているのを邪魔したくないと考える。だから我慢することを選ぶ。仕事を理由にデートの予定をキャンセルされたとしても「大丈夫、お仕事頑張ってね」と言葉をかける。

その言葉を額面通りにしか受け取れない男が結婚できると思ってはいけない。仕事が忙しいという前提を取り払って考えてみよう。デートの「約束を破っている」のである。しかし、「仕事が忙しい」が許されると、約束破りの罪悪感が失せてしまう。ここに問題があるのだ。

彼女はおそらくこう思っただろう。「食事に行くという小さな約束すら全然守れない人と、この先結婚するのは無理ではないか」と。目の前に、小さな約束を積み重ねて守っていける男が現れたら、そちらのほうに行くのは無理もない。

■結婚できない男【3】いつまでも若い気でいる男

「僕は43歳になりましたが、気持ちは若いつもりです。『実年齢よりも若く見える』と、人からもよく言われます。だから僕には同世代ではなく、若い女性のほうが合ってると思うんですよね」

シュウさんの口から、これまで私が何度聞いたかわからないセリフが飛び出した。「あなたと同世代の女性は、もっと若々しくてきれいだわ!」と言いたい気持ちを押し殺す。

さきほどの表の話に戻るが、20代・30代女性は、同世代の男性と比べても60万人も不足しているのである。そこに40代男性が厚かましくも入っていこうとしているのだ。本当に若い人たちがいるところで、“若いつもり”が勝負をしかけるのは無謀というものだ。

20代・30代の女性が、年上の40代男性との結婚を決めるとしたら、それは「若さと引き換えに得てきたもの」に価値を感じるからだ。婚活市場では男女関わらず、若いというだけでアドバンテージとなる。若くない人は、若さに勝るとも劣らないもので勝負するしかない。それは何か。2つある。

1つは、自制心だ。若さがもたらす害悪は、情欲や感情が制御不能になりやすい点だ。年齢を重ねると、人は人間関係上での失敗を活かして、コントロールがきくようになる。相手に対して、「若さゆえの間違いは受け止めよう」という優しい気持ちで接することができれば、それは若さに勝る武器となる。

もう1つは、聴く力だ。彼女の目から何が見えているのかを把握しつつ、真正面から話を返す。若い時は「何が正しいか」で喧嘩をしやすい。大人はそんな喧嘩をしてはいけない。「彼女の目には何が見えていて、何を訴えようとしているのか」、そこまで理解しようと思ったら、じっくり話を聴くしかない。その姿勢だけでも若さに打ち勝てる。この大人の武器も活かすべきだ。

「俺は若くてイケている」だけでは、2017年中の結婚は難しい。ぜひ、大人の武器を身につけて、結婚できる男になってほしい。

----------

大西明美(おおにし・あけみ)
婚活アドバイザー。2010年からクリスチャン専門の結婚相談所を経営。20年で4万3000件以上の婚活&恋愛アドバイスを実施。5年間で200組以上のカップルを成婚へと導いている。現在は、1日20件以上の婚活メール相談や年間100人以上の直接面談による婚活アドバイスをこなしつつ、恋愛や婚活、不倫に関するさまざまな情報を積極的に発信し続けている。著書に『となりの婚活女子は、今日も迷走中』(かんき出版)、『糟糠の妻はなぜ捨てられるのか』(プレジデント社)がある。

----------

(婚活アドバイザー 大西 明美)