クイズ回答マシンとして登場したが、コールセンターでの活用が期待されているワトソン

写真拡大

 人工知能(=AI)とは、人間の知能と同じような働きをするコンピューターシステムの総称である。身近なものでいえば、Amazonのレコメンドやグーグル翻訳、フェイスブックの顔認証などに適用されている。AIというと、「全知全能のスーパーコンピュータ」をイメージしそうになるが、AIに詳しいジャーナリストの神崎洋治氏は、「一口に『人工知能』といっても、一般向けの定義付けはまだハッキリとしていません。ロボットの反乱、人類の知性を超えるといった“人工知能脅威論”は、現時点では極めて非現実的」と話す。

 現在開発が進められているAIは「ディープラーニング」という学習機能によってごく限られた分野で、人間のように物事を把握・分析できるのだ。たとえば、IBMが開発した「ワトソン」は人間用に書かれたマニュアル文書をなんと1秒2億ページというスピードで読み込み、さらにオペレーターと顧客の会話内容からトラブルの原因を探り当て、複数の解決策を提示してくれる。経験の浅いアルバイトでも、ベテラン並みの対応ができるようサポートするのだ。

「医療の分野では、がん検診や心臓病治療などでAIの活用が注目されています。従来はMRIやレントゲン写真を見て診断できるのは熟練した医師だけでしたが、人工知能と画像認識システムを使えば、時には人間よりも正確にがんを発見できるのです」

 自動運転の分野でも同様だ。世界最大の家電ショー「CES2016」でトヨタ自動車が展示した実験では、AIを搭載したミニカー8台が最初は互いにぶつかってしまうが、数時間後には実に滑らかに道を譲り合うようになった。

「問題は人間の運転する車両と共存させる場合。将来的にはレーンを分けるなどの制度作りが必要になるでしょう」

 自動運転が実現すれば、高齢者の暴走など人的ミスによる事故は格段に減るかもしれない。

◆AIロボが話相手に!?’17年発売のユニボ

 また、人間関係のあり方すら変える可能性がある。

「中国で開発された『小氷』という名のチャットボットは、会話の文章から人間の感情の機微を読み取り、本当の人間と会話しているような感覚が得られます」

 友人や家族のようなこうしたロボットは「パートナーロボット」と呼ばれている。薬の飲み忘れ、運動不足になっていないかまで確かめ、話相手にもなる。特に高齢者は昔の話を繰り返すことで精神が安定し、脳も活性化すると言われているが、「人間ではイライラしてしまうような場面でも文句を言わずに、適切な相槌を入れてくれます。昭和の懐かし映像なども流してくれます」という。将来的には、こうしたパートナーロボットが生涯の友となることもあるかもしれない。

’17年には利用者の個性を学習する「ユニボ(本体価格9万9800円)」が発売される。今後高まる議論としては、「実はAIがどのようにして結果を導き出しているかについてはわかっていない。それを解析するAIの開発や、軍事利用に際する倫理問題などが問われてくる」という。

◆各企業、機関のAI導入状況

・Uber
AIに知見のある学術研究者が共同創業したスタートアップGeometric Intelligenceを買収

・国立がん研究センター
センターに蓄積された臨床情報やマルチオミックスデータ、さらに疫学データと文献情報を統合的に解析

・OpenAI
AIの知能を測定・学習するためのソフトウェアプラットフォーム「Universe」をリリース。OpenAIはAIをオープンソース化するための非営利研究機関で、イーロン・マスクが共同会長を務める

・AmazonGo
Amazonが17年に開店する無人店舗。レジに並ばず、アプリを起動して支払い店を出る

【神崎洋治氏】
AIジャーナリスト。人工知能やロボット、コンピューター分野に精通。トライセック代表。近著に『人工知能がよーくわかる本』(秀和システム)など