フォードが、2017年1月にアメリカで開催されるCES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)とNAIAS(北米国際自動車ショー)という2つの大きなショーにおいて、次世代の自動運転実験車両を公開するということです。

1

フュージョンハイブリッドをベースに製作された実験車両では、LiDAR(レーザーセンサー)のレイアウトを最適化したことにより、センサーをこれまでの4個から2個へと減らしながら従来以上の空間情報を得ることができるようになったというのが特徴です。

なおLiDARと呼ばれているレーザーセンサーは、赤外線などを多点的に使うことにより、物体までの距離や形状を認識するセンサー。リアルタイムに周辺の状況を3Dデータ化できるもので、自動運転技術の実用化には欠かせないセンサーとなっています。そのLiDARの数を減らせるレイアウトの発見は、コストダウンへのアプローチとして注目といえそうです。

今回、発表した自動運転の実験車両により自律走行のプラットフォームと仮想ドライバーシステムを進化させるというフォード。完全自動運転の一歩手前といえるSAEレベル4(高度な自動化)の自動運転技術を2021年までに実現することを目指しています。

(山本晋也)

【関連記事】

米・フォードCEOが2021年「完全自動運転」実現を宣言!
http://clicccar.com/2016/08/19/393375/

日産が新型セレナで実現した自動運転「レベル2」って何?
http://clicccar.com/2016/08/27/395565/

日立オートモティブが自動運転・電動化・環境関連に注力、フォード向け拡販を目指す
http://clicccar.com/2016/06/11/376392/

「高度な自動化」の実現へ。フォードの自動運転開発車両を2017年1月の世界的ショーで公開(http://clicccar.com/2017/01/05/432394/)