心拍数やクリック数をモニタリング、PCの使いすぎをチェック

写真拡大

パソコン(PC)およびスマートフォン(スマホ)などの周辺機器を扱うサンワサプライ(岡山市)は、マウス2モデルを2016年12月27日に発売した。

計測・記録は無料のWindowsアプリで スマホアプリとの連携も

側面にLEDセンサーを備え、親指をセンサーに添えたまま数秒間姿勢を維持するだけで、心拍数を簡単に測定可能。過去の心拍数が一覧表示でき、体調の変化を確認できる。

クリック数や移動距離を計測し、操作状況の把握や管理ができる。「アラート機能」を備え、あらかじめ設定した各項目の数値をオーバーした場合に警告を表示する。PCの使いすぎによる変化をチェックでき、長時間PC作業を行うことが多いユーザーに適するという。

データの計測や記録は無料でダウンロードできるWindowsアプリケーション(アプリ)をインストールする必要がある。スマホアプリ(近日公開予定)との連携にも対応する。

マウスパッド以外でもスムーズに操作できる高感度ブルーLEDセンサーを採用したほか、Webブラウザの操作に便利な「戻る」「進む」ボタンを備える。

価格は、ワイヤレスモデル「MA-WHLS1」が7500円(税別)、有線モデル「MA-HLS1」が5500円(同)。いずれもカラーはブラック。