2日、中国の掲示板サイトに、日本は没落しており、自慢できるのはもう自動車しか残っていないと主張するスレッドが立った。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の自動車展示会。

写真拡大

2017年1月2日、中国の掲示板サイトに、日本は没落しており、自慢できるのはもう自動車しか残っていないと主張するスレッドが立った。

スレ主は、1980年代や90年代の日本製品は世界中で人気だったものの、今ではテレビやスマートフォンをはじめ、全体的に衰退していると主張。韓国メーカーや中国メーカーの台頭で、もはや日本製品に注目する人はあまりおらず、残っているのは自動車だけで、日本は没落していっていると論じた。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「スレ主のロジックでいえば、中国以外の国はすべて没落ということになる」
「スレ主のパソコンの中にどれだけの日本製品が使用されているのか」
「スレ主のカメラはどこのメーカーですか」

「でもソニー製品がなければ抗日ドラマも撮れない」
「日本の基礎工業は恐るべきものだ。ちょっといいパンは日清の小麦粉を使っていると思うぞ」

「中国人は列を作って便座を買っているというのに」
「某国のメディアは毎日のように日本は没落したなどと言っているが、どこが没落しているんだよ。単に経済成長速度が前ほどではなくなったというだけだ」

「日本製品は20年前のように強くはないが、今でも中国や韓国よりずっと強い」
「俺はスレ主の言うとおり、徐々に没落していると思う。特に日本のウェブサイトのデザインは中国よりずっと遅れている」(翻訳・編集/山中)