La PomPonのKIRIがデビューのきっかけなどさまざまな話を語ってくれた

写真拡大

'16年に活躍し、'17年にさらなる飛躍が期待される俳優・女優、アイドル、アーティストなど、さまざまなジャンルのNext Generation Star(次世代スター)およびNew Generation Star(新世代スター)に話を聞く、ザテレビジョン年末年始特別企画「NGS17」。

【写真を見る】KIRIは「La PomPonの雰囲気を明るく照らす存在になりたい」と意気込む

第13回は、六本木発6人組本格派ダンス&ボーカルユニット・La PomPonでメインボーカルを務めるNew Generation Star・KIRI(きり)が登場!

業界に入ろうと思ったきっかけから、’16年怒濤(どとう)のライブラッシュの中で思い出に残っているイベントについて、今後の活動展望について語ってもらった。

――まずは自己紹介と自己PRをお願いします。

高校1年生、16歳でLa PomPonのメインボーカルを担当していますKIRIです。よろしくお願いします。強みは明るいところと元気なところです。ひまわりのように、La PomPonの雰囲気を明るく照らす存在になりたいと思い、日々頑張っています。

――この業界に入ったきっかけは何ですか?

幼稚園のころからずっとダンスをやっていて、将来はダンサーになりたいと思っていたんですけど、当時通っていたダンススクールの発表会のとき、今の事務所の方にスカウトしてもらって活動を始めました。その時は歌をやりたいと思っていなかったんですけど、話を聞くうちにやりたいと思うようになって、両親に話しました。

両親は、芸能活動を反対していたのですが、毎日説得して何とかやらせてもらえるようになりました。

――スカウトされたダンスの発表会はどんなステージですか?

ダンススクールからオーディションで選抜されて、チームを組んで発表会に出るという1年がかりの企画でした。ちょうど1年間の最後のイベントのときにスカウトしてもらいました。それ以前に雑誌に読者モデルとして出させてもらっていたのですが、それをたまたま事務所の方が見つけてくださって、その流れでスカウトしていただいた感じです。

――当時、憧れていたアーティストはいましたか?

安室奈美恵さんに憧れていました。安室さんは小学生のころから大好きで、いつもテレビなどで見て幸せな気持ちになっていたんですけど、その頃は自分もそうなりたいという気持ちはあまりなかったんです。でも、今こういう活動をしていて、安室さんのすごさをあらためて知って、より憧れる存在になりました。

最近では聴く音楽の幅が広がって、いろいろな方の音楽に触れるようになってきましたが、歌とダンスの面では安室さんがダントツで好きです。

――レッスンを始めたころのことは覚えていますか?

覚えています! ダンスのレッスンがとても厳しかったですね。レッスンの途中で「もうやらなくていいよ!」と言われ帰されそうになったり、本当に悔しい思いもしました。まだメンバーが確定していない時期だったので、他の候補生とも戦わないといけない状態で。

自分も落ちるかもしれないけど、みんなとずっと一緒にやりたいという思いもあって複雑な心境でしたが、そのレッスン一つ一つが今につながっていますし、大事なことも教えてもらったので、すごく勉強になった2年間でした。

――2年間みっちりやられたんですか?

はい。平日も毎日やりましたし、土日は朝から晩までみんなで集まってボーカルレッスンをした後にダンスのレッスンをやって…という状態で、毎日候補生のみんなと一緒にいました。

――それってぶっちゃけ嫌になりませんでしたか?(笑)

なりました(笑)。それこそ1日も気が抜けなかったですし、選考で勝ち残るためには絶対に成長したと思われないといけなかったので、本当に大変でした。でも、褒めてもらえたときはうれしかったですね。

――ダンスは下地があったとして、歌は割とイチからですよね?

スカウトしてもらって、初めて映像を撮りながら歌ったとき、マイクの持ち方が分からなくて注意されました(笑)。歌は完全に初心者だったので全然歌えなくて。そもそも自分から積極的に歌うことも好きではなかったので、カラオケも全然行かなかったですし、全く縁がなかったので、今こうして歌っていることが不思議ですね(笑)。

――人前で歌うことへの照れみたいなのもあった?

はい。もともと人前で歌うことはあまり好きではなかったので、カラオケに行ってもタンバリンしかやらなくて(笑)、ガヤ担当でした。ダンスは自分の体を使って表現するので別なんですが、自分の声があまり好きではなかったので、歌うことはほとんどしてこなかったです。

――心境の変化となったきっかけは?

レッスンしてもらったとき、先生から「声がすごくいい。もっとうまくなれる」って言っていただいたり、活動を始めてからファンの方に「声がすごく好き」って言ってもらえたりすることで、頑張ろうって思えるようになりました。そこで自分の声に自信を持ったのが大きいですね。

――その後「BUMP!!」でデビューされて、CDが初めてCDショップに並んだときのことを覚えていますか?

よく覚えています。数年前までは自分が歌ったCDがまさかCDショップに並ぶなんて想像もつかないことだったので、現実なのか分からない感じでしたし、全く実感が湧きませんでした。CDができて、CDショップに並んだときにやっとこれから全国の人に届くんだという感じがしてうれしかったですね。

――そして'15年秋には「謎」がアニメ「名探偵コナン」(日本テレビ系)のオープニングテーマに起用されましたが、これはかなり大きい出来事だったんじゃないでしょうか?

そうですね! 私も小さい時から「名探偵コナン」が好きでずっと見ていましたから。それに、たまたまですけど、コナンの楽曲を担当すると決まる前、ブログに「コナンの主題歌をいつか担当したい」と書いていたんです。そうしたら担当できることになって!

最初にお話をもらったときは全然実感がなくて、メンバーもみんな一回固まりました(笑)。実際にテレビでLa PomPonの「謎」が流れたときは夢かと思うくらいうれしかったです。

メンバーみんなで見ていたんですけど、コナンくんのアニメーションと一緒に自分たちの歌声が流れるのは夢だったので、目標が1つかなった瞬間でもありましたし、たくさんの人に知ってもらえるきっかけとなったので、「謎」はLa PomPonにとってターニングポイントとなりました。

――「運命のルーレット廻して」も続けてコナンに起用されましたね。

ZARDさんのカバー曲でもあったので、ZARDさんのファンの方に受け入れてもらえるのかという不安もあったのですが、名曲を歌わせていただき、それがコナンのエンディングテーマになるということで、本当にうれしかったです。もっともっと皆さんに認めてもらえるように努力し、また、コナンの主題歌を担当させてもらえるように、頑張ります。

――昨年はシングルを2枚出されて、リリースイベントだけで60回くらいあって、その他のライブイベントもたくさん出られましたが、特に思い出に残るイベントは何ですか?

TIF(Tokyo Idol Festival)です。3回目の出演で、またスマイルガーデンでやらせてもらって、さらにLa PomPonの次が欅坂46さんのライブだったんです。最後に「ろっぽんぎ体操 〜愛コトバはジャンパラポン!〜」を披露したんですが、サビに「けやき坂から芋洗坂〜」という言葉があって。

MCでKARENが「“けやき坂”という歌詞があるので欅坂46さんのファンの方もぜひ一緒に盛り上がってください!」って言ったんですよ。正直、欅坂46さんのファンの方も多くて、どう受け取られるか分からない中で、本番直前まで言うか言わないかを悩んだんですけど、結果、皆さん盛り上がってくれて。

'17年ももっとたくさんの方に見てもらいたいですし、いずれはメインステージに立ちたいですね。

――'16年のイベントの中にはKIRIさんプロデュースのイベントもありましたが、振り返っていかがでしたか?

リリースイベントのアフターパーティーという形だったので、アットホームなライブにしたいなと。それに、リリースイベントを通して成長した自分たちを見てもらいたいと思っていたので、そこを意識してセットリストを考えました。

あと、私以外は誰もセットリストを知らないという企画をやったのですが、それはとても楽しかったですね。曲が流れた瞬間にアタフタして立ち位置につく感じが、見ていて面白かったです(笑)。

――なかなかドSですね(笑)。

それはメンバーにも言われました(笑)。「KIRIはドSだね!」って。

――そして、秋からは個人でラジオのレギュラーDJを務めていますが、一人で臨むラジオは普段と心境も違いますか?

全然違いますね。これまで個人でやる機会はなかったので、新鮮ですし、やらせてもらえてうれしかったです。La PomPonのレギュラーラジオとは雰囲気も全然違うので、勉強になることばかりです。

まだまだだとは思うんですけど、それを吸収して個人の仕事もLa PomPonを知っていただくことにつながって、全部La PomPonに返ってくればいいなと思っているので、頑張りたいです。いつもと違う環境で仕事ができるのも刺激もたくさん受けますし、もっと視野を広げていきたいので、こういうお仕事ができるのはすごくうれしいです。

――ラジオでは作詞も挑戦されましたが、作詞はすんなりとできましたか?

少し前からちょこちょこメモを付けて歌詞の素を書きためていたんですけど、作品になるのは初めてなのでとても難しかったです。でも、一緒にラジオをやっているDickeyさんからこの曲のデモをもらったとき、La PomPonとしてこういう曲調は欲しかったので、すごくうれしかったですね。

それに合う歌詞にしたいと思って必死に考えたんですけど、やはり難しかったです。

――お気に入りのフレーズはありますか?

1番のAメロの「アウェイだって そんなのI don't care ホームみたいに振り向かせるから」というところは、ファンの方からも「印象に残った」って言われるのと、自分としてもそこは思ったことを書けたので気に入っています。

昔から自分たちが対バンに強くないというのを感じていて、そう言われることもあったので、どんなにアウェイな状況でも、自分たちのパフォーマンスをしっかり見せられるようなグループになりたいなと思って自己暗示と言いますか、言い聞かせる感じで書きました(笑)。

――なるほど。お忙しいと思いますが、もし1週間休みがもらえるとしたらどこに行きたいですか?

北海道に行きたいです! もともと北海道が大好きで、もう3回くらい行っているんですけど、本当に食べる物がおいしいし、スキーもしたいですし、以前に家族で行ったときもすごく楽しかったので、また行きたいです。旅行は楽しくてリフレッシュできますし、知らない場所も知ることができるので好きなんです。

――最近ハマっているのは何でしょうか?

ずっとゲームが好きだったんですけど、今は「スーパーマリオラン」にハマっています(笑)。課金しないと進めないので、すぐ課金しちゃうんです(笑)。マリオ自体もすごく大好きで、ゲームも大好きなので、休みの日はずっとゲームをやっていますね。

――はやっていますもんね! ところで、「スーパーマリオラン」って何ですか?(笑)

あぁ〜(笑)。スマートフォンのゲームなんですけど、ジャンプして敵を倒したり、コインを取ったりしてゴールを目指すゲームで、一回やるとハマっちゃうんですよ。普通のマリオともまた違っていて楽しいです!

――それでは'17年の抱負は?

'17年はLa PomPonでより大きな舞台でワンマンライブをやってみたいと思っていますし、もっと自分たちの強さを見つけていきたいです。一人一人の個性ももっと磨いていかなきゃ駄目だと思っていて、私は歌もそうですし、ダンスもそうですし、もっとスキルアップして、La PomPonに絶対必要な存在って思われるようになりたいです。

――個人的にはどうですか?

今ソロでラジオをやらせてもらっていて、すごく勉強になっているので、ソロでもっといろいろな仕事をやってみたいです。本業の歌とダンスも頑張りたいですし、いろいろな方とコラボするのが夢ですね。私は、℃-uteの鈴木愛理さんが本当に大好きで、憧れの人なので、いつかコラボできるように頑張ります。

――KIRIさんご自身の将来の夢はありますか?

まだどうなるか分からないですが、チャレンジしたいと思ったことは全部やってみたいですね。今はLa PomPonが一番の軸であって、La PomPonとして有名になりたいと思っているので、2017年はLa PomPonにとって必要不可欠な存在というか、“エース”と呼ばれる存在になりたいです! 自分がいないと成り立たない、絶対的な存在になりたいですね。

――分かりました。じゃあ、それをこっそりリーダーのYUKINOさんに言っておけばいいんですね?(笑)

いや〜! 恥ずかしいですね(笑)。でも、大丈夫です。ちゃんと頑張ります(笑)。

――最後にファンの方へ新春メッセージをお願いします!

明けましておめでとうございます! ことしはLa PomPonとしてももっといろいろな方に知ってもらえるように、スキルアップはもちろん、たくさんのことに挑戦していきたいなと思っているので、2017年も楽しみにしていてください。応援よろしくお願いいたします!