聞きたくないわっ! 正直どうでもいい「女性の自慢話」6つ

写真拡大

同性の自慢話というのは、なぜか鼻についてしまうものも多いですよね。実際に聞いてみて「ぶっちゃけどうでもいいな」と感じた、女性の自慢話について、同性である女性たちに聞いてみました。

■「モテる」自慢

・「すごくモテる自慢。じゃあなんで今彼氏いないの? と聞きたくなる」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「モテて困るーみたいな、彼氏いない人」(33歳/学校・教育関連/専門職)

「モテすぎて困る」という自慢は、「モテてうれしい」という気持ちが含まれているようで、多くの女性たちの気持ちを悪い意味で刺激するようです。また、こうしたモテる自慢をする女性に限って彼氏がいないことも多く、冷めた目で見てしまいそう。

■「彼氏」自慢

・「彼氏がカッコいいという自慢。見た目がいい人に興味がないから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「彼氏や友だち自慢。すごいのはまわりの人で本人じゃないので」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

自分自身の自慢ではなく、お付き合いをしている彼氏に関する自慢ばかりをする女性もいますよね。正直そういった自慢は、「だから何?」と思われるのがオチのようです。

■「彼氏にもらったプレゼント」自慢

・「自分が彼からもらった高価なプレゼントの自慢をしてきて、どうでもいいと思ったことがある」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「恋人からもらったプレゼント自慢。どうでもいい」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

彼氏にもらったプレゼントの自慢話の多くも、どうでもいいと思われているようです。当然その当人の実力などではありませんし、人をうらやましがらせたい気持ちが垣間見えるため、逆に冷めた目で見てしまうようです。

■「忙しい」自慢

・「とても忙しくて予定がいっぱいになっている。うらやましいと思わなかった」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「プライベートの予定がいっぱいで困っちゃう発言。どうでもいい」(28歳/金融・証券/営業職)

予定が埋まっていて忙しくて大変だという自慢も、女性たちにとってはくだらない自慢だなと感じるようです。デートや遊びの誘いが多い人気者の私、というアピールに聞こえるからかもしれません。

■「ブランド物」自慢

・「ブランド物の自慢。まったく興味がないから」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「とにかくブランド物をたくさん持ってることの自慢。お金遣い荒いだけじゃんって思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

ブランド物のアイテムなどを自慢する女性もいますが、興味のない女性からするとどうでもいい自慢に感じられるようです。ブランド志向の女性にとっては、自慢したくて仕方ないのでしょう。

■「昔は痩せていた」自慢

・「昔は痩せていてモテたという自慢はなし」(23歳/その他/その他)

・「昔は細かった自慢。ホントかよと思う」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

昔は痩せていたとかスタイルがよかったという自慢話も、正直反応に困ってしまいそう。今ならともかく、昔の話をされてもどうでもいいと思う女性が多いようです。

■まとめ

女性は、同性の自慢話に対して、冷めた気持ちで聞き流すケースが多いようです。自分をよく見せたいという気持ちや、うらやましがられたいという感情が見えてしまうのも、理由のひとつになっているのかもしれないですね。聞く側を嫌な気持ちにさせないよう、くれぐれも気をつけましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月21日〜12月12日
調査人数:100人(22〜34歳の女性)