仕事のできない人が「飲み会で絶対にしないこと」・6つ

写真拡大

忘年会のシーズンになると、会社での飲み会も避けられないですよね。年に一度の大きな飲み会となると、いろいろ余興を考えたりすることも。そこで今回は、仕事ができない人が飲み会でしないことについて、働く男性に教えてもらいました。

■お酌

・「お酌とかまわりの状況を見て注文するとか」(30歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

・「お酒をつぐなどの気配りができない」(30歳/金融・証券/営業職)

まわりの人にお酌をすることができないと、気の利かない人だと思われることがあるようです。特に上司や先輩には、忘れないようにしたいものですよね。

■みんなをまとめる

・「みんなをまとめたり、おごったりしない」(39歳/通信/その他)

・「みんなの注文をまとめたりすること」(37歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

飲み会のときは、誰かがまとめ役にならないと、場がまとまりません。まわりの人をまとめるのがうまいと、仕事でも機転がききそうな印象ですよね。

■幹事

・「幹事。誘っても誰も来ないし、まとめる力がないから」(30歳/建設・土木/技術職)

・「幹事とか飲み会を仕切ることはしないと思います」(39歳/その他/その他)

普段から仕事に積極的でないと、職場の人とコミュニケーションをとるのは難しいですよね。そのため、仕事のできない人が幹事をしても、参加する人は少ないのではないでしょうか。

■気づかいする

・「気づかいができない、幹事もうまくない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「気づかいや上司へのゴマスリをしないと思う」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

飲み会のとき、男性にとってはある意味、上司に顔を売るチャンスの場ともいえるもの。上司に気づかいができるかどうかで、今後に変化があることもあるのではないでしょうか。

■カラオケで歌う

・「カラオケで順番がきたのにかたくなに拒否」(33歳/生保・損保/営業職)

・「カラオケを歌わないことだと思う」(23歳/建設・土木/事務系専門職)

本当はあまりカラオケが好きでなくとも、飲み会の席では無理に歌っている人も多いかもしれませんね。何が何でも歌を拒否するような人だと、出世も望めないかもしれません……。

■コミュニケーションをはかる

・「上司やその他の同僚とのコミュニケーションがとれていない人」(33歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

・「積極的にコミュニケーションをとらない」(36歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

普段はあまりしゃべることのない上司でも、お酒の席ではフレンドリーになってくれることが多いのでは? 仕事のできない人だと、上司にすらコミュニケーションをとりたくないと拒否していそうですよね。

■まとめ

仕事ができないから飲み会で上手に立ち振る舞えないのか、それとも、飲み会で上手にコミュニケーションをはかれないから、仕事ができないと判断されるのか、難しいところですよね。どれほど仕事ができたとしても、まわりとのコミュニケーションがとれていないと、出世につながらないのではないでしょうか。日ごろから、まわりとのコミュニケーションを大事にするといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月18日〜11月21日
調査人数:323人(22歳〜39歳の男性)