前代未聞のネタ番組「笑×演(ワラエン)」が1月5日(木)に放送される/(C)テレビ朝日

写真拡大

“お笑いのネタを書くプロ”である芸人のネタを、“役になりきる表現のプロ”の役者が演じたらどんな化学反応が起きるのか、という新たな試みにチャレンジするネタ番組「笑×演(ワラエン)」が1月5日(木)にテレビ朝日で放送される。

【写真を見る】中野英雄&中尾明慶の漫才はどんな出来栄えになるのか!?/(C)テレビ朝日

同番組は、“芸人が書いたネタ台本”を“役者が演じる”という、ありそうでなかった番組。このたび都内スタジオで収録が行われ、芸人の作成した漫才やコントに、4組8人の俳優たちが挑戦した。

この企画に挑むのは、漫才やコントで日本一に輝いた芸人たちと、映画や舞台、ドラマなどの第一線で活躍している実力派俳優陣。番組では、完成したネタの披露はもちろん、“芸人のネタ作り”と“役者の役作り”のそれぞれに密着し、笑いと演技…双方のプロが、1つの舞台を作り上げる過程を追う。

今回ネタの書き手となったのは、小峠英二(バイきんぐ/『キングオブコント2012』王者)、富澤たけし(サンドウィッチマン/『2007年M-1グランプリ』王者)、石田明(NON STYLE/『2008年M-1グランプリ』王者)、ライス(田所仁、関町知弘/『キングオブコント2016』王者)の4組だ。

そして、漫才やコントに挑戦するのは寺田農、石丸謙二郎、榎木孝明、中野英雄、野村宏伸、遠藤要、中尾明慶、光宗薫という、そうそうたる顔ぶれの俳優たち。 

俳優同士の組み合わせはもちろん、芸人がどの役者コンビにネタを書くかも、くじ引きで決定。

その結果、バイきんぐ・小峠×石丸&遠藤=コント、サンドウィッチマン・富澤×榎木&寺田=漫才、ライス×野村&光宗=コント、NON STYLE・石田×中野&中尾=漫才という組み合わせ。

芸人は、ネタ作りはもちろん、演出までを担当。“有名俳優をすべらせるわけにいかない”という重いプレッシャーの中、稽古に立ち会い、駄目出しも。一方の俳優たちは慣れない漫才やコントのリズムに苦戦し、その様子もリアルに迫る。

そして、ネタ披露当日。トップバッターとして舞台に登場したのは、中野・中尾のコンビ。石田が中野の強面ぶりをイジって書いた台本で、中尾がボケ、中野がツッコミを担当。

ステージでは途中、中野が激しいツッコミを入れた拍子に中尾のピンマイクが外れてしまうというハプニングも発生する。一体どんなステージとなったのか。

舞台をやり遂げた中野、中尾コンビは「お客さんからひとつ笑いをもらった瞬間に、自分の中のスイッチが変わった!」(中野)、「漫才はアクシデントも含めて調理する、その感覚が面白かった!」(中尾)と、興奮の面持ちでそれぞれコメントした。

2人は練習中、石田から長文のLINEで駄目出しが来たことも明かし、「結構シビアな長文LINEが来ました(笑)。石田さんは脚本家であり、演出家だなと感じました」と中野は石田の“笑い”にかける熱量に感服。

そんな2人の真剣な舞台を目の当たりにした石田は「役者さんって、本番に強いんやなぁ! 100点です!!」と大絶賛していた。 

果たして芸人はどんなネタを書き、役者はどうやって演じたのか。そして、観客から爆笑をもぎ取ることはできたのか? 新たな“笑い”と“演技”の融合の瞬間は見逃せない。