「Thinkstock」より

写真拡大

 今回は「死に方」の話です。“非常識君”は「がんで死にたい」という思いを持っています。一方で、“極論君”は「認知症で、そして老衰で死にたい」という願いを持っています。

 非常識君のコメントです。

「がんは死ぬ数カ月前までは元気です。そして最近はモルヒネなどの麻薬を十分量使用する啓蒙が行き届いています。痛みで辛い思いをするというイメージは昔のものになりました。そして、交通事故や心筋梗塞、くも膜下出血などで突然に死ぬのとは異なり、自分で最期を見つめることができます。いろいろとそこに向かって用意ができます。だから、がんで死にたいのです」

 極論君のコメントです。

「できれば、がんや心臓病や脳血管障害で死ぬのではなく、老衰で死にたいのです。歳を取れば認知症を患ってボケていくでしょう。でもボケていきながら、家族に見守られて死にたいのです」

 常識君のコメントです。

「病気を選ぶことはできませんから、そうなればいいなという希望ですね。まず、がんは最近の抗がん剤、放射線治療、外科治療の進歩によって、昔のような不治の病ではありません。早期に発見されればがんを完全に治療することができます。またステージ4といって、主病巣から遠いところに転移があっても、5年後に生きている人の割合(5年生存率)はどんどんと向上しています。しかし、がんの死亡者数は増加傾向にあります。日本人の約3分の1ががんで亡くなるという時代です。確かに、がんの患者さんは自分の人生の終わりまでのタイムコースを描くことができます。死を覚悟した状態で逢いたい人に会えて、残したい文章は残せて、いろいろと準備ができることは確かです」

●だんだんと死に向かう

 さらに常識君が続けます。

「一方で、認知症から老衰で亡くなるパターンは、だんだんと死に向かいますので、自分で死をしっかり自覚することがありません。その時には認知症が進んでいます。元気な時は、いずれ死の準備をすればいいと思っていて、多くの方が、そんな準備はしません。そして認知症が進み、最期は自分も家族もわからなくなります。そんな時には、逢いたい人が誰かもわかりませんし、遺言を残すこともできません。でも、死ぬという恐れも意識しないので幸せだと言う人もいます」

 極論君が言います。

「できる限り長生きしたいのです。でも自分や家族がわからなくなれば、それは死ぬ時だと思っています。お迎えの時です。食べられなくなったらお迎えの時と思っています。胃に穴を開けて栄養を補給する胃瘻(いろう)といった処置は望みません。点滴も不要です。できれば大往生をしたいと願っています」

 非常識君が言います。

「僕はがんで、格好良く死にたいのです」

 極論君が反論します。

「認知症で老衰は格好悪いですか」

 非常識君が答えます。

「がんであれば準備ができるので、それを望んでいるのです。家族に囲まれて、お世話になった人に囲まれて、そしてちょっとした格好いいことを言って、お世話になった人にお礼を言って、送られたいのです。僕の夢で、希望です」

●家族で死の話を日頃からしておく

 極論君も希望を言います。

「食事も取れない。点滴もしない。そうするとどんどんと痩せてきます。カラカラになって、菩薩さんのようになります。カラカラですから病気の匂いもしません。褥瘡(じょくそう)もありません。そして点滴などの医療を行っていないので、子供や孫やペットに一緒に布団に入ってもらえます。そんなぬくもりのなかで死にたいのです。僕は格好いい言葉を残さなくていいのです。不要な医療は無用で、でもできれば長生きして大往生したいのです。そんな虫の良い夢で、ささやかな希望です」

 常識君が言います。

「病気を選ぶことはできませんね。死ぬ時期を決めることもできませんね。いろいろな病気の治療は相当進歩していますが、認知症の治療はあまり進歩していません。高齢化すれば認知症が増えることは間違いない事実です。極論君のように、認知症になっても送ってくれる家族がいれば幸せですね。でもその家族が若くして認知症になったら、それはまた困りものですね。何よりも認知症の治療が格段の進歩を遂げることを心から期待しています」

 そして常識君が最後に付け加えました。

「自分で死を考えること、そして家族で死の話を日頃からしておくことは結構大切だと思います。そうすると毎日、毎日を大切に生きるようになります。また、特別幸せでなくても、平凡な毎日が実はとても大切と思えるようになります」

(文=新見正則/医学博士、医師)