「ウェストワールド」劇中カット (C)2016 Home Box Office, Inc.
All rights reserved. HBOR and related channels and service marks are the
property of Home Box Office, Inc.

写真拡大

 米エンターテインメント・ウィークリー誌が2016年のテレビ番組ベスト20を発表した。

 O・J・シンプソン事件を題材にしたドキュメンタリー「O.J.:メイド・イン・アメリカ(原題)」 と、ミニシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」が上位に入る個性的なランキングになっている。「ウエストワールド」(第10位)、「レディ・ダイナマイト」(第18位)、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(第19位)など新ドラマが大量にランクインしているのも特徴だ。

 エンターテインメント・ウィークリー誌が選ぶ2016年のテレビ番組ベスト20は以下の通り。

1.「O.J.:メイド・イン・アメリカ(原題)」
2.「アンブレイカブル・キミー・シュミット」
3.「ジ・アメリカンズ」
4.「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」
5.「アトランタ(原題)」
6.「ベター・シングス(原題)」
7.「レクティファイ(原題)」
8.「ザ・グッド・プレイス(原題)」
9.「サーチ・パーティ(原題)」
10.「ウエストワールド」
11.「クレイジー・エックス・ガールフレンド」
12.「アメリカン・クライム」
13.「Black-ish(原題)」
14.「MR. ROBOT ミスター・ロボット」
15.「ドキュメンタリー・ナウ!(原題)」
16.「ベター・コール・ソウル」
17.「ROOTS ルーツ」
18.「レディ・ダイナマイト」
19.「ストレンジャー・シングス 未知の世界」
20.「ホレス・アンド・ピート」