1日、台湾・中時電子報はこのほど、中国で2億人を超えるとされる独身者がまもなく、お見合いシーズンとなる春節(旧正月)休暇を迎えると報じた。

写真拡大

2017年1月1日、参考消息網によると、台湾・中時電子報はこのほど、中国で2億人を超えるとされる独身者がまもなく、お見合いシーズンとなる春節(旧正月)休暇を迎えると報じた。

中国国家民政局の統計によると、全国の成人の独身者はすでに2億人に達している。婚活サイト「珍愛網」が昨年12月28日に発表した「2016年独身者現状調査報告」によると、春節(旧正月、2017年は1月28日)の7日間の連休中、「婚活パーティーに8回以上参加する」予定と答えた人は54.7%に上った。

地方から広東省深セン市に出稼ぎに来ているという男性(29)は「春節に帰省すると決まってお見合いが設定されている。親戚や友人らが(自分の結婚のことを)気にかけてくれるのだから、積極的に参加するようにしている」と話す。

中国ではテレビのお見合い番組が人気で、両親も同伴するスタイルのものが高視聴率を稼ぐ一方で、「時代遅れだ」との批判も出ている。(翻訳・編集/柳川)