3日、ロシアリーグのゼニトに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが中国スーパーリーグの天津権健に移籍することが正式に決まった。世界のサッカー選手の年俸ランキングの上位10人中5人までが、中国リーグに所属することになる。写真は北京工人体育場。

写真拡大

2017年1月3日、新浪体育によると、英紙サンはこのほど、ロシアリーグのゼニトに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが中国スーパーリーグの天津権健に移籍することが正式に決まり、世界のサッカー選手の年俸ランキングの上位10人中5人までが、中国リーグに所属することになると伝えた。

サンは「ユヴェントスが獲得を希望していたこのベルギー人は、極東でメガ・ドルを稼ぐためにオールド・レディを断った」とし、「ヴィツェルがユーヴェを拒否して中国スーパーリーグに加入した時、世界の年俸ベストプレーヤー10位内に入る」と伝えた。

また、「最新の年俸ランキングの上位3人のうち2人が欧州でプレーしない」と指摘。上海申花に移籍したFWカルロス・テベスが週給61万5000ポンド(約8913万円)で世界最高年俸となり、河北華夏のFWエゼキエル・ラベッシと上海上港のMFオスカルが同40万ポンド(約5797万円)で3位タイ、同じく上海上港のFWフッキが同32万ポンド(約4637万円)で7位、天津権健に移籍が決まったヴィツェルが同29万4000ポンド(約4260万円)で8位となると伝えた。(翻訳・編集/柳川)