4日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人が2次元的な観点から見た中国の4大発明について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年1月4日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人が2次元的な観点から見た中国の4大発明について紹介する記事を掲載した。

古代中国の4大発明といえば、羅針盤、火薬、紙、印刷だが、日本人が2次元的な観点、つまりアニメの観点から見ると、別の4大発明があるという。それは、チャイナドレス、お団子ヘアー、麻婆豆腐、「アルよ」という語尾の四つだ。いずれも日本のアニメに登場する中国人キャラクターには必ずと言っていいほど出てくるものだ。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これって日本のオタクが考える4大発明だろ」
「もしも自分が中国人でなければ、この4大発明を信じてしまうところだ」

「麻婆豆腐は確かにおいしい」
「私もチャイナドレスを着たいアルよ」

「麻雀こそ偉大な発明だと思うが」
「中国の汚職役人こそ最も偉大な発明だ」

「日本と韓国はチャイナドレスを侮辱していると思う」
「中国のチャイナドレスは日本に行ったらセクシー下着に変わってしまった」

「チャイナドレスだけは認められるが、ほかはちょっと…」
「日本は右翼さえいなければ最も良い隣人になっていたと思う」

「中国の4大発明はおかゆ、粉もの、麺、ご飯だ」
「日本アニメに出てくる泥棒が、必ずほっかむりをかぶって鼻のところで結んでいるのが好き」(翻訳・編集/山中)