エバー航空提供

写真拡大

(台北 4日 中央社)ドイツの調査機関JACDECが発表した最新の航空会社安全度ランキングで、エバー(長栄)航空が世界第6位になったことが分かった。

同調査は毎年世界900社以上の航空会社を対象に実施。上位60社が段階的に公表される。

1位はキャセイパシフィック航空(香港)、2位はニュージーランド航空、3位は海南航空(中国大陸)。以下、カタール航空、KLMオランダ航空が続いた。日本航空と全日空はそれぞれ10位と11位。

一方、チャイナエアライン(中華航空)は60位。同社は最新型機の導入と安全性の強化を図り、よりよいサービスを提供するとしている。

(陳葦庭/編集:齊藤啓介)