ク・ヘソン「新婚日記」で夫アン・ジェヒョンと共演することについて“心配だった”

写真拡大

女優ク・ヘソンが俳優であり、夫のアン・ジェヒョンとバラエティ番組で共演する感想を明かした。

4日午後、ソウル瑞草(ソチョ) 区にある芸術の殿堂ハンガラム美術館でク・ヘソンの個展「dark YELLOW」のオープンイベント及びインタビューが行われた。

ク・ヘソンは夫と出演するリアルバラエティ「新婚日記」について「昨日(3日) 撮影を終えた。『この番組に出演してよかったのかな』とも思った」と笑った。

続いてク・ヘソンは「夫婦関係をオープンするというのは簡単なことではなかった。夫とはビジネス関係ではないので、良い姿をお見せしたかった。でも、難しい点も多くて不自然に映っている部分もあると思う」と話した。

そして出演を決めた理由としては、「夫婦関係に良いことばかりあるわけではないけど、良い点だけ考えた」と話した。

ク・ヘソンは2009年、個展「Tango」を皮切りに、2013年の個展「残像」上海文化院、企画展清州(チョンジュ) 工芸ビエンナーレ「BUTTER FLY EFFECT」、個人展香港「GALLERY BY THE HARBOUR」などを通じて作品を着実に発表してきた。

「dark YELLOW」は韓国で5日から29日まで開催される。